中京グループ眼科専門医による
目に関するポータルサイト

専門医による
目の病気の解説

【網膜硝子体】網膜剥離

網膜硝子体
網膜もうまく剥離はくり

横山 翔横山 翔

網膜硝子体
網膜もうまく剥離はくり

眼科専門医横山 翔

JCHO中京病院 眼科

網膜剥離とは

目の奥には網膜というカメラのフィルムに相当する神経の膜組織があります。様々な原因で網膜に穴が開いて網膜裂孔という網膜の裂け目から網膜が剥がれてしまうことで視力障害や視野障害を引き起こす病気です。
網膜剥離は外傷などの眼球の急激な変形で起きることもありますが、特別な誘因がなくても発症します。多くは50 歳を過ぎてから、眼内の加齢変化によって突然発症します。
視野に影や光が見える、物が見づらいなど見え方が気になったら、片目ずつ隠して、どちらの目に症状があるのか確認してみましょう。そして、それが網膜剥離などの目の病気に関係していないか、早期に眼科を受診して相談することが大切です。
失明につながる重篤な病気ですが、早期に治療することで、深刻な視力障害を予防できる可能性も高くなります。

角膜内リング
クリックで拡大
角膜内リング

網膜剥離の症状

網膜に亀裂(裂孔)が生じて視野の隅に稲妻のような光が走ったり(光視症)、視野にフワフワしたゴミか蚊のような影が見えたり(飛蚊症)する場合があります。特にはじめて飛蚊症を自覚したときには、それが近視や加齢による単なる生理的な変化なのか、網膜裂孔などを合併する病的な変化なのか、眼底検査を受けることが大切です。網膜剥離が進行すると、ものがゆがんで見える・見える範囲が狭い(視野欠損)・メガネをかえても視力が改善しないといった症状が現れます。

網膜剥離の検査

網膜剥離は、目の外観から診察しただけでは判断することができません。眼底検査といって、眼底鏡という機械を使い、瞳孔から光を入れて観察します。その際、網膜をすみずみまで観察するために、瞳を拡大する目薬を投与します(散瞳検査)。瞳孔が目薬で拡大すると、まぶしくなって、ピントが合いにくくなります。目薬の効果は数時間持続しますので、検査後は車の運転が難しくなります。眼科受診の際には、公共交通機関をご利用ください。

網膜剥離の治療

以前は強膜バックル手術が一般的に行われてきましたが、最近では硝子体手術の成績の向上・安全性の高さから、ほとんどの網膜剥離に対して硝子体手術が行われるようになってきました。ただし、若年者で硝子体がしっかりしている場合には強膜バックル手術が選択されます。患者さんの網膜剥離の状態によって適切な手術を行うことが大切です。

強膜バックル手術(強膜内陥術)
網膜裂孔に対応する眼球の外側にシリコンスポンジを縫いつけて、眼球を内側に凹ませることで剥離した網膜を復位させます。そして、網膜裂孔のまわりを凝固して網膜裂孔をふさぎます。凝固には冷凍凝固や網膜光凝固などを利用します。
強膜バックル手術(強膜内陥術)強膜バックル手術(強膜内陥術)
硝子体手術

硝子体は、眼球の水晶体より奥にある眼球内の大半を占める透明なゼリー状の組織です。網膜裂孔の原因となった硝子体のひっぱりや網膜に付着した増殖膜などを除去する手術が硝子体手術です。硝子体を切除するには、白目の部分に3カ所小さな穴を開け、そこから細い器具を眼内に挿入し、硝子体や網膜をひっぱっている膜状組織を除去します。続いて硝子体内に気体を注入して、剥がれた壁紙を壁に戻すように、剥離した網膜を気体で網膜色素上皮側におしつけます。目のなかには、絶えず新しい水分(房水)がつくられていて、その液体に浮いた気体の浮力で網膜裂孔をふさぎます。網膜裂孔は手術中に凝固しますが、凝固部位が瘢痕化するには約1週間程度かかり、それまでうつぶせ姿勢などの体位制限が必要となります。

硝子体手術硝子体手術
当グループでの硝子体手術の特徴
当グループでは、硝子体手術を行う際にはほぼ全例で眼内視鏡を併用しております。眼内視鏡の使用にはある程度の習熟が必要であるため、一般的に普及している状況ではありませんが、眼内視鏡を使用することで大きな利点を生み出します。網膜剥離の手術の際に眼内視鏡を用いることで、どんな場所に網膜裂孔があっても、頭の位置を変えることだけで網膜下液の排液が可能となります(図5)。眼内視鏡を用いない場合は、排液のためにわざと網膜に穴をあけたり(意図的裂孔の作成)、パーフルオロカーボンといった特殊なガスを使用する必要があり、患者さんの目に新たな侵襲が加わります。また眼内視鏡手術は死角がないので、小さな網膜裂孔も見逃さないといった利点や、通常の顕微鏡で必要となる眼球圧迫が不要なので、痛みも少なくなり、患者さんにやさしい手術が実現できます。JCHO中京病院では98.4%の網膜剥離の患者さんが1回の硝子体手術で網膜剥離が完治したことを報告しております(横山ら、Clin Ophthalmol. 2017)。また、しばしば治療が困難な増殖性硝子体網膜症(難治性網膜剥離)に対しても眼内視鏡を使用した空気置換下硝子体切除という方法で良好な治療成績が得られたことを、米国の網膜硝子体専門誌に報告しております(加賀ら、Retina. 2019)。
硝子体手術 硝子体手術
図5

中京グループの医療機関

網膜剥離治療が受けられる医療機関

眼科専門医 横山 翔
眼科専門医
横山 翔
網膜剥離は失明の可能性がある怖い病気ですが、きちんと手術すれば治すことができます。当グループでは網膜剥離に対する硝子体手術の際に眼内視鏡を使うことで良好な術後成績が得られております。お困りのことがあればご相談下さい。

JCHO中京病院 眼科

〒457-8510

愛知県名古屋市南区三条1-1-10

TEL: 052-691-7151

閉じる

岐阜赤十字病院 眼科

〒502-8511

岐阜県岐阜市岩倉町3-36

TEL:058-231-2266

閉じる

飯田市立病院 眼科

〒395-8502

長野県飯田市八幡町438

TEL:0265-21-1255

閉じる

佐藤裕也眼科医院

〒980-0022

宮城県仙台市青葉区五橋1-6-23
五橋メディカルセンタービル内

TEL:022-227-6752

閉じる

ページトップへ