中京グループ眼科専門医による
目に関するポータルサイト

専門医による
目の病気の解説

【網膜硝子体】眼内レンズ強膜内固定

網膜硝子体
眼内レンズ強膜内固定

三田村 勇人

網膜硝子体
眼内レンズ強膜内固定

眼科専門医三田村 勇人

飯田市立病院 眼科 医長

眼内レンズ強膜内固定とは

白内障は、水晶体と呼ばれる眼球内のレンズが加齢などにより濁り視力が低下する病気です。

現在の白内障手術では、この水晶体を包む袋(水晶体嚢)の前部を円形に切り取り、そこから超音波器械によって、濁った水晶体を砕いて吸引除去し、残った水晶体嚢に眼内レンズを挿入する手術方法が最も一般的ですが、患者さんによっては水晶体嚢を使用できない場合があります。例えば、以前に旧式の白内障手術を受け水晶体嚢が残っていない患者さんや、白内障手術中の後嚢破損(水晶体を包む薄い袋が裂ける)や、チン小帯断裂(水晶体を眼内で吊るしている細い紐が切れる)などにより水晶体嚢が人工眼内レンズを固定するのに十分な強度を保てない場合などがあります。

眼内レンズ強膜内固定とは眼内レンズ強膜内固定とは

また、すでに眼内レンズが水晶体嚢内固定されていた患者さんでも、経年変化で水晶体嚢を眼内で吊るしているチン小帯という細い紐が切れて、水晶体の袋ごと眼内レンズがずれて視機能が低下した場合、人工眼内レンズを水晶体嚢ごと摘出する場合もあります。こういった患者さんでは、眼内の水晶体嚢が人工眼内レンズの固定に使えないため、人工眼内レンズを眼内に固定するために別の方法が必要となります。

治療について

以前は、そういった水晶体嚢が使用できない患者さんには、眼内レンズを髪の毛よりも細い縫合糸を用いて眼内に固定するのが一般的でしたが(眼内レンズ縫着手術)、細い縫合糸を用いた手術では、縫合糸の経年劣化による断裂に伴う合併症の報告も出てきました。

治療について

そのような中、2007年にドイツのGabor医師らが、水晶体嚢がない患者さんに対して、従来の眼内レンズ縫着手術とは異なり、眼内レンズの支持部(眼内レンズにくっついている、メガネでいうとツルのような部分)を強膜と呼ばれる眼球組織(いわゆる白目の部分)に直接固定する手術方法を報告しました(眼内レンズ強膜内固定術)。

治療について

この方法は従来の縫合糸を用いた手術方法より簡単で、眼内レンズの固定に縫合糸を用いないため、縫合糸を扱う際の手術中のトラブルもなく(縫合糸は非常に細くて、こんがらがりやすいため、扱いが大変難しい)、手術後に経年劣化によって縫合糸が切れて、眼内レンズがずれてしまう合併症も起こりづらいと考えられています。そのため、従来の縫着手術に代わって、強膜内固定術が世界的に急速に普及しました。また日本国内でも、新しい眼内レンズ強膜内固定手術方法が複数報告され、多くの先端施設では眼内レンズ強膜内固定術が採用されています。

眼内レンズ強膜内固定術では、一般的に硝子体と呼ばれる、眼球内のゼリー(硝子体)の処理が必要になることが多いのですが、当グループでは、硝子体手術の際に眼科内視鏡も併用しています。

眼内視鏡を併用することで、一般的な眼科手術顕微鏡だけで手術を行なうより、眼球内をくまなく詳細に観察できるため、より安全・確実に手術を遂行できると考えています。当グループでは、眼内レンズ強膜内固定手術においても、眼科内視鏡を必要に応じて使用し、その有用性を国際的な眼科雑誌に2021年に報告しています。

中京グループの医療機関

眼内レンズ強膜内固定治療が受けられる医療機関

眼科専門医 三田村 勇人
眼科専門医
三田村 勇人
世界的にも日本国内でも長寿化に伴い、いったん白内障手術を受けてからも長生きされる患者さまが増加しています。
そのため経年的な変化で眼内レンズがずれてきて、見えづらくなってくる方も増加傾向と思われます。
そういった患者さまは今回解説させていただいた眼内レンズ強膜内固定手術の適応となりますので、眼科を積極的に受診していただきたいと思います。

JCHO中京病院 眼科

〒457-8510

愛知県名古屋市南区三条1-1-10

TEL: 052-691-7151

閉じる

中京眼科

〒456-0032

愛知県名古屋市熱田区三本松町12-22

TEL:052-883-1543

閉じる

岐阜赤十字病院 眼科

〒502-8511

岐阜県岐阜市岩倉町3-36

TEL:058-231-2266

閉じる

飯田市立病院 眼科

〒395-8502

長野県飯田市八幡町438

TEL:0265-21-1255

閉じる

佐藤裕也眼科医院

〒980-0022

宮城県仙台市青葉区五橋1-6-23
五橋メディカルセンタービル内

TEL:022-227-6752

閉じる

ページトップへ