眼科相談室では、みなさんから寄せられた目に関するお悩みと眼科専門医の回答をQ&A方式で紹介。

眼科相談室
目のお悩みに役立つQ&A

多数のみなさんから寄せられた、目に関するお悩みと
専門医がアドバイスした内容をご覧いただけます。

キーワードから相談事例を探せます
目のお悩みに役立つQ&A
多数のみなさんから寄せられた、目に関するお悩みと
専門医がアドバイスした内容をご覧いただけます。
キーワードから相談事例を探せます

相談受付はこちらから

  • 【検索結果】41件中 1 - 12件
  • 【検索条件】ICL

眼科相談室に掲載された全ての内容の著作権は株式会社中京メディカルにあります。

相談受付はこちらから

眼科相談室 メイン担当医
医学博士

小島 隆司

慶應義塾大学医学部眼科学教室 特任准教授
名古屋アイクリニック 眼表面専門外来担当
モンゴル国立大学医学部 客員教授

1998年 名古屋大学医学部卒業 社会保険中京病院勤務
2005年 ハーバード大学 Massachusetts Eye and Ear 留学
2006年 イリノイ大学眼科留学
2012年 慶應義塾大学医学部 博士号取得
2012年 岐阜赤十字病院眼科 主任部長
2017年 慶應義塾大学医学部眼科学教室 特任准教授
    名古屋アイクリニック眼表面専門外来担当
    岐阜赤十字病院眼科非常勤医師(角膜外来担当)
    大連医科大学眼科客員教授

資格 : 医学博士・眼科専門医・指導医
現在までに白内障手術6000件以上、翼状片手術1000件以上
角膜移植300件以上、角膜クロスリンキング400件以上執刀。
その他、雑誌監修やTVなど、多数のメディアで目の悩みについて回答している。

個人 公式HPはこちらから

2020年11月8日

現在強度近視でコンタクトは -14 の状態です。また、右目は黄…

50代 女性

現在強度近視でコンタクトは -14 の状態です。また、右目は黄斑です。
日に日に度の低下を感じてます。少し白内障があるので、手術で少し改善されるのでと眼科にすすめられているのですが、そんなに改善されるものでしょうか?また、普通の保険の効く手術とレーザー治療とどちらがいいものでしょうか。

むしろ近視用の手術(レーシック?)も考えているのですが、どの選択が良いか悩んでいます。
宜しくお願い致します。

まず、白内障があるのでしたら、白内障の治療を優先させるべきと思います。

(レーシックやICLは近視の治療で白内障などの異常が無いことが条件です)

白内障手術では濁った水晶体を取り除いて、眼内レンズを入れますが、眼内レンズの度数を調整すれば、強度近視も治す事が可能です。ただし、人工のレンズは調節力がありませんので、老眼になります。このため、比較的若い方の白内障手術では多焦点眼内レンズをお勧めしています。レーザー白内障手術は、手術の大事な部分をレーザーで確実に行う方法で、多焦点眼内レンズなどより確実性を要する手術では有用性が高いと思います。

今度12月に私がオンライン白内障説明会を行いますので、手術について興味がある方は全国どこからでも参加出来ますので、興味がありましたらご参加ください。

 

中京眼科オンライン白内障手術説明会

https://chukyo-eye.or.jp/seminar/entry/

 

 

本相談室は、あくまでアドバイスですので心配でしたら診察を受けて眼科医に相談してください。

名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院 中京眼科 小島隆司

 

2020年11月3日

2週間前にICL手術を受けました。術後の視力は両眼とも1.5となり…

20代 男性

2週間前にICL手術を受けました。術後の視力は両眼とも1.5となりましたが、左眼にCyl -1.0D Ax 45の乱視が残って文字などが見えづらい状態です。1か月後診察時に主治医に尋ねる予定ですが、あらかじめ専門的なご意見をいただければ幸いです。3点質問させてください。
(1) Cyl -1.0Dの乱視が残ることはどれくらいの確率でありますか?
(2) 術前の左眼レフの軸は4度、眼鏡の軸は5度で、今回挿入されたICLの軸が172度となっており、軸が12〜13度ずれています。このようにICL発注時に軸をあえてずらすことは、ありえることでしょうか?
(3) 今後左眼を再矯正するとすれば、レーシック、ICL交換のどちらがいいでしょうか?

  1. 1)我々のところで以前レーシックと乱視矯正ICLで乱視矯正効果を比較した論文を出しています。これによると、乱視矯正ICLでは狙いの1D未満の乱視に入るのは軽度、中等度乱視ではそれぞれ100%、99.3%、強度乱視では96.6%でした。
  2. (Hasegawa A, Kojima T, Isogai N, Tamaoki A, Nakamura T, Ichikawa K. Astigmatism correction: Laser in situ keratomileusis versus posterior chamber collagen copolymer toric phakic intraocular lens implantation. J Cataract Refract Surg. 2012 Apr;38(4):574-81. )
  3. やはり、もともとの乱視が強くなると矯正精度は少し落ちますが、それでもICLの乱視矯正精度はとても高いことが分かります。ただ、このデータは、狙いの度数の1D未満に入る割合ですので、実際に術後乱視が1Dを超える方はもう少し多い可能性があります(通常狙いの度数はゼロにはなりません)。今回も狙い(予定)の乱視がどの程度であったのか、主治医の先生に確認されるといいと思います。
  4. 2)一般的にICLの固定軸は0度(水平位置)に固定するとピッタリ乱視が矯正されるようなレンズを注文します。しかし、ぴったりのものが無い場合は少しだけレンズを回して固定する場合があります。今回はそのような状態と思います。
  5. 3)まず、乱視が残った原因を考える必要があります。ICLの向きが当初ねらった軸よりずれているのであれば、ICLの向きを補正する方法も考える必要があります。乱視のICLの軸ずれは手術結果に大きく影響し、1度のずれで約3%乱視矯正効果が低下します。すなわち、10度ずれると30%低下しますので、元々の乱視が強い方はそれだけでも大きな影響となります。ICLが正しい軸に固定されている場合で、乱視を矯正する方法ですが、レーシックなどの角膜手術で行う方法とICL交換で行う方法があります。これはエビデンスとして、どちらがいいかという結論は出ていません。それぞれメリット、デメリットがありますので主治医の先生とよく相談されることをお勧めします。私個人的な見解としては、ICLは稀に回転することがあります。そうなると角膜で手術した効果が全く意味なくなってしまいますので、ICL交換の方がいいのではと思います。
  6. 術後の乱視の残存は0.5D程度であれば見ることに問題ありませんが、1D残ると見づらいと思いますので、なんとか改善できるといいですね。

 

本相談室は、あくまでアドバイスですので、心配でしたら診察を受けて眼科医に相談してください。

名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院 中京眼科 小島隆司

  1.  

2020年10月25日

現在40代前半で、また老眼はありません。強度近視でずっと悩ん…

40代 女性

現在40代前半で、また老眼はありません。強度近視でずっと悩んでいます。残りの人生コンタクトや眼鏡なしで生活したいと思いICLも検討しましたが、術後老眼になりそうで不安です。ならば白内障手術の近方に焦点を合わせた単焦点レンズで矯正したいと思っています。しかしまだ白内障の所見がないのでやはり無理でしょうか。

同じような質問をよく患者さんから受けます。

私の考えとしては、白内障でない時に、白内障手術はしない方がいいと思っています。

海外では、refractive lens exchange (RLE)と言って、濁っていない水晶体をとって眼内レンズで置き換える手術が結構行われています。その背景には、欧米ではアジアに比べて遠視の方が多いという事情があります。

遠視の場合は、近視と異なり加齢と共に遠くも近くもピントが合わなくなり、遠くを見るにも近くを見るにも眼鏡が必要になります。

 

やはり現在の眼内レンズはよく出来ていますが、自分の水晶体にはかなわず、光が散って見える、輪がかかる、周辺に輪状に影が見えるなどの症状が気になることがあります。あと、若い内に白内障手術をした場合に、眼内レンズを支えている水晶体囊が徐々に弱くなって眼内レンズがずれることもあります。このようなことを考えると、今の年齢であれば、白内障になるまでICL、白内障になったら白内障手術という方針を私はお勧めします。ICLも少し弱めの度数で手術をすれば、ある程度近くもしばらくは見えて便利だと思います。

 

本相談室は、あくまでアドバイスですので心配でしたら診察を受けて眼科医に相談してください。

名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院 中京眼科 小島隆司

2020年10月7日

最強度近視でICLによる視力矯正考えています。最強度近視のため…

30代 男性

最強度近視でICLによる視力矯正考えています。最強度近視のため、将来的に網膜裂孔や剥離の可能性が高いと言われており、すでに一度レーザー凝固術を受けております。
ICL手術後に網膜裂孔となった場合、眼内レンズを入れたままレーザー光凝固の施術は可能なのでしょうか?それとも一度取り出す必要があるのでしょうか?

レーザー光凝固はICL手術後でも問題なく可能で、実際に施行したこともあります。やはりICLで強度近視は治りますが、強度近視に伴う眼の性質(網膜裂孔などが起きやすいという)は変わりませんので、術後も何か症状に変化がありましたら、すぐに眼科で相談されることをお勧めします。

 

本相談室は、あくまでアドバイスですので心配でしたら診察を受けて眼科医に相談してください。

名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院 中京眼科 小島隆司

2020年8月3日

レーシックは12年前に受けており、角膜拡張症もしくは、ペルー…

30代 男性

レーシックは12年前に受けており、角膜拡張症もしくは、ペルーシド角膜辺縁変性という診断を受けました。

角膜クロスリンキングを受けた後に、ICLを受けたいと考えております。

ネット上では、円錐角膜でICLは不適適応だったけど、IOLは適応だったなどとみかけたのですが、ICLとIOLの違いはなんでしょうか?

また、多少不正乱視が残ってでもICLをしたいと思っていますが、ICLを受けるにあたって適応基準はあるのでしょうか?不正乱視はあるものの、ある程度裸眼視力、矯正視力は出ています。

よろしくお願いいたします。

眼内レンズは英語でintraocular lens 略してIOLと言い、眼の中に入れるレンズを総称した名前です。
ICLはSTAAR社が作っている有水晶体眼内レンズという種類のものの商品名で、眼内レンズ(IOL)の一種です。
眼内レンズ(IOL)で最もたくさん使用されているのは、白内障手術の際に使用する眼内レンズです。白内障手術で使用する眼内レンズは、濁った水晶体の中身を取り除いてから挿入します。その一方、有水晶体眼内レンズは水晶体を触らず、そのままの状態でその上に入れる眼内レンズということになります。

以上のことより、円錐角膜でICLは不適応だったけど、IOLは適応だったというのは実は矛盾した話になります。ただ、IOLのほとんどは白内障で使用するものですので、ICL=近視や乱視矯正のためのもの、IOL=白内障手術で使用するものというようにIOLを狭い意味で使う先生もいらっしゃいます。そうなると、円錐角膜で白内障も合併していたので、ICLではなくIOLを使った白内障手術が適応になるというのは、ありうる話です。

円錐角膜でICL手術が適応になる基準は、円錐角膜が軽度であることです。すなわち不正乱視も小さい状態で、ある程度眼鏡で視力が出る方が適応になります。このため、眼鏡やソフトコンタクトレンズで日常生活を過ごして問題ない方が適応になります。ハードコンタクトレンズを使用しないと見づらい方は不適応と考えられます。
 

本相談室は、あくまでアドバイスですので心配でしたら診察を受けて眼科医に相談してください。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院 中京眼科 小島隆司

2020年6月24日

初めまして。1週間前にICLの手術を受けました。術後は視力は0.0…

30代 女性

初めまして。1週間前にICLの手術を受けました。術後は視力は0.03から1.5となり、視力は上がったのですが、左目がややかすむような感じがたまにあります。また、左目は黒目の縁に沿った傷がまだ残っている状態です。
1週間後の検診ではこれについては特に触れられず、上記の症状についても曖昧な感じの返答で、日によって変わります、というような返答でした。
質問としては、この左目の黒目の縁の傷は自然に治るのかということと、それと共にかすむような見え方は軽減するのか、また治るのであればどれくらいの期間かかるのか、についてです。
まだ1週間ほどしか経っていないですし、視力が出て見えるのであればちょっとしたことは仕方ないと諦めた方が良いのかとなかなか検診でも突っ込んだ質問ができないままモヤっとしてしまい、今回の質問に至りました。
ご回答いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

ICL手術では角膜の一部を小さく切開して、そこからレンズを挿入しますが、切開部位の傷は通常は1週間程度で良くなることが多いです。今回どのような状態か分かりませんが、充血などは少し続くことはあります。
特に現在大きな問題が無ければ、1ヶ月以内に改善してくることが多いと思います。

本相談室は、あくまでアドバイスですので心配でしたら診察を受けて眼科医に相談してください。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院 中京眼科 小島隆司

2020年4月27日

以前にも投稿して回答して頂きありがとうございました。 ICLの…

40代 男性

以前にも投稿して回答して頂きありがとうございました。
ICLの手術を11月にして右目だけ手元が見えづらく、3ヶ月検診で担当医に、過矯正かレンズサイズが大きいのでは無いのか?と尋ねたところ、過矯正でも無いし、レンズサイズはピッタリだと言われました。右目だけ早めの老眼で診察終わりそうになりましたが、やはり頭痛がすると食い下がったところ、機械による目の調節力測定みたいので、検査してもらったところ、近くの距離の所が全然機能してないのが分かりました。毛様体筋が機能してなかったそうです。先生による目の検査では、瞳孔は動いてるので、何でこんな事になってるのか私も初めてでよく分からないと言われました。現在、ミドリンM単眼液0.4%ミオピン点眼液を差して様子を1ヵ月みましたが、数値的には変わってませんでした。今度は、眼鏡の処方するとなりましたが、右目だけ老眼が進んだとして諦めるしかないでしょうか?
先進的な治療で、まだまだ体験談など全然無くてどうしたらいいのか分かりません。
専門家である小島先生の見解をお聞かせてもらえたら嬉しいです。

大きな過矯正であれば、簡単な検査で分かりますが、軽い過矯正の場合は調節麻痺の点眼薬を使用して調べないとはっきり分からないことが多いです。
そして、40代の方であれば、軽い過矯正でも老眼(近くの見づらさ)を感じる事が多いです。
毛様体筋が機能しないという状況は外傷などで筋肉が麻痺したりしない限りあまり起こらないことです。
検査で調節反応がしっかり拾えていない可能性もあります。すなわちこのような検査は、覗いてレンズを負荷させてピント合わせの機能を調べてるんですが、あくまで擬似的なものですので実際に近くを見る場合の反応と異なる場合があります。
まずは原因を明らかにするために、調節麻痺点眼薬を使用して実際の度数を調べて過矯正かどうかを調べることをまず行うことをお勧めします。

本相談室は、あくまでアドバイスですので心配でしたら診察を受けて眼科医に相談してください。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院 中京眼科 小島隆司

2020年4月25日

仕事でパソコンを使用することにより、視力が低くなってしまい…

20代 女性

仕事でパソコンを使用することにより、視力が低くなってしまいました。
一度眼科で診てもらうと近視になっており、目が良くなることはないと言われました。
調べたところ、ある年齢からは軸性近視になり、眼軸長は縮む事がないため視力回復が望めないとあり、不思議に思いました。

目玉の眼軸長は目が勝手に伸びてしまうのでしょうか?
それとも目の周りの筋肉が目玉を変形させ、眼軸長が伸びているのでしょうか?

本当に視力回復は望めないのでしょうか。

眼軸長は自分では制御できず自然に伸びてしまうもので、これが近視の原因となります。
ご指摘のように眼の周りの筋肉が影響している説や、網膜の周辺部の焦点が網膜より後ろになるために起こるという説などいろいろありますが、まだ詳しい原因は分かっていません。
また一旦伸びた眼軸長を戻す方法はありません。近視の矯正手術は、眼軸長はそのままに角膜のカーブを変えたり、眼の中にICLというレンズを入れてピントの合う場所を変化させることで近視を矯正します。

本相談室は、あくまでアドバイスですので心配でしたら診察を受けて眼科医に相談してください。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院 中京眼科 小島隆司

2020年4月15日

ジオプトリー(屈折率)についてお伺いしたいです。 パイロ…

10代 男性

ジオプトリー(屈折率)についてお伺いしたいです。

パイロットを目指しているのですが、条件に「各眼の屈折率が-6.0~+2.0ジオプトリー内であること(オルソケラトロジーを6カ月以内に受けていないこと)」とありました。

僕が使用しているコンタクトには右眼、左目、それぞれD-7.50、D-7.00と表記されてありました。

お聞きしたいのは、
1、屈折率を調べるにはどうしたらよいのでしょうか?
2、屈折率は自力あるいは手術によって-6.0~+2.0ジオプトリー内にすることは可能ですか?
3、レーシック手術は屈折矯正手術にあてはまりますか?

教えていただけると幸いです。

1.屈折を調べるには、眼科で自覚視力検査を行う必要があります。
2.手術によって可能な事が多いです。多いという曖昧な表現を使うのは、レーシック、ICLなどの屈折矯正手術は、検査をしてみないと眼がその手術に向くかどうか分からないためです。
3.はい、その通りです。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院 中京眼科 小島隆司
 

2020年3月29日

強度近視でICLを受けたいと思い、先日適応検査を受けました。そ…

30代 女性

強度近視でICLを受けたいと思い、先日適応検査を受けました。その際に両目に白内障が見つかりましたが、中心から外れた場所だから見え方に問題ないのでICLは適応と言われました。確かに自覚症状はありませんが、白内障の進行を遅らせるための治療はしなくても良いものなのでしょうか?

白内障もいくつかのタイプがあります。アトピー性白内障などでは進行の可能性があるので、ICL手術は慎重に考えた方がいいこともあります。その一方先天性の水晶体混濁であれば、手術の影響はほとんどうけないので、適応になる場合もあります。進行を遅らせる治療が必要な場合は、加齢性の白内障の場合です。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院 中京眼科 小島隆司
 

2020年1月11日

昨年11月半ばにICLの施術を行いました。 次の日、3日目、1…

40代 男性

昨年11月半ばにICLの施術を行いました。
次の日、3日目、1週間検診、1ヵ月検診と右目の手元が見づらいですと担当医師に訪ねたところ、3ヵ月経たないと視力が安定しないと言われました。
コンタクトでは、手元まで普通に見えてたのにICLしてからは、手元がボヤけて見えます。
自分としては、過矯正による遠視ではないのかなと思ってます。
正直、ここから手元が見えるなんてあり得ないと思いますし、ほぼ毎日頭痛が起こります。
何かあったら、ICLは取り出せるのがメリットだと思い施術をしたのですが、こういう場合は、一般的に保証内であるならば眼内コンタクトレンズを交換してもらえるんでしょうか?

2つ可能性があります。
1つは度数が過矯正であること、もうひとつはレンズサイズが眼の大きさに対して少し大きく、調節反応に関係する毛様体筋を圧迫していることで近くにピントを合わせにくくなっていることです。
対処法ですが、前者であれば適切な度数のICLに変更、後者であれば小さいサイズのICLに交換です。後者は3ヶ月ぐらいで改善する場合もあるので、様子を見てもいいと思います。
ICLのよい点は、レンズを変更することで度数の調節が出来る点ですので主治医の先生に相談されるのがいいと思います。保証がどのような保証か分かりませんので、手術を受けられた医院で詳しくはご相談ください。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院 中京眼科 小島隆司

 

2019年12月19日

32才の息子がICLの手術を受けようとしています。しかし、右目の…

30代 男性

32才の息子がICLの手術を受けようとしています。しかし、右目の角膜内皮細胞数が1300〜1600くらいで適用外です。でも医者は本人が希望すれば手術するらしいです。この細胞数では将来を考えると危険だと思います。息子はあまり聞く耳持たずでとても心配です。

通常ICL手術の角膜内皮細胞の減少率は手術の時のみで5%未満ですので、ICL手術を受けたからすぐに何か問題が起こるわけでは無いと思います。ただ、何か術中に合併症が起こるような場合は危険性を伴うと思います。
基本的に健康な眼に行う手術であるため、私も内皮細胞密度が2000以下の場合は適応外としています。

また気になるのは、なぜ現在そこまで角膜内皮細胞密度が減少しているのかという点です。
現在のコンタクトレンズでそこまで減少することは稀ですし、もともと角膜内皮細胞に影響する病気が隠れている可能性もあります。そうなるとICL手術を受ける、受けないにかかわらず、内皮細胞がさらに減る可能性があります。
主治医の先生とよく相談して、決めてください。

名古屋アイクリニック 中京眼科 小島隆司

CLOSE

ログアウト

ページの先頭へ