中京グループ眼科専門医による
目に関するポータルサイト

相談受付はこちら

眼科相談室

目のお悩みに役立つQ&A

数千件におよぶ目に関するQ&Aから
あなたのお悩みの参考になる事例を検索できます。

眼科相談室
眼科相談室
キーワードから相談事例を探せます

検索結果

3001件中 2991 - 3000件

Q

パソコンで文章を読もうとすると、中心部分だけ文字が薄くて見えづらい時があります。
視線を移動しても中心は見えにくいままですが、周りは見えるので読むことは出来ます。

日常生活には何の問題いもなく、常時でもなく、パソコン使用時に時々起こる程度なんですが、気にしなくていいものでしょうか?

※TORIC IOL挿入眼です

【40代 女性】2013.01.13

A
いつも同じ部分が薄く見えるのであれば、その視野を担当する網膜に何らかの異常がある可能性はあります。ただしこの場合は常時起こることがほとんどですので、今回の症状は飛蚊症の類かもしれません。一度も眼科で検査を受けられていないようでしたら、一度検査を受けられることをお勧めします。
岐阜赤十字病院眼科 名古屋アイクリニック 小島隆司
Q

3歳5カ月の息子が調節性内斜視です。
2歳5カ月よりメガネによる強制をしています。
現在の視力は0.6くらいとのこと。又、半年前より左にプリズムを張ったレンズをしています。
ちょうど2歳5カ月の頃、左+5右+5.5で、その半年後右の方が寄り目になりやすいことから左にプリズムを張る事になったのですが、先日の診察で斜視が増えているとの事でした。
プリズムを張った頃よりも斜視が増えているので手術を検討した方が良いと言われ戸惑っています。
手術の必要性や、手術しても再発の可能性もあると聞いた事もあり、子供にとって負担など色々考えると不安も沢山あります。
とりあえずは半年間様子を見て、半年後の診察で斜視が増えているのであれば手術を決定するそうです。
調節性内斜視の手術について何でも構いませんので、アドバイスやご意見、少しでもお伺いできたれば幸いです。
宜しくお願い致します。

【10代未満 男性】2013.01.12

A
調節性内斜視には、屈折異常を矯正する眼鏡を常用することで、眼鏡装用時には眼位(目の位置)が正位(斜視がなく視線がまっすぐであること)になる場合と、眼鏡を装用しても、完全にはまっすぐにはならず内斜視が残る場合とがあります。前者を純調節性内斜視、後者を部分調節性内斜視と呼びます。
部分調節性内斜視の場合、眼鏡装用だけでは、視線はまっすぐにならないため、次の段階の治療が必要になります。すなわち、プリズムによる光学的治療または手術治療を検討しますが、多くの症例では最終的には手術治療の対象となります。
プリズムを貼って経過観察をするうちに、内斜視の角度が増え、プリズム度数を何度か変えることも多くの症例でみられる現象です。当院でも、手術までプリズム眼鏡装用により両眼視できる状態をつくりながら、斜視の角度が安定したところで手術を検討しています。大切なのは、両眼視機能が発達を終える5歳までにいかに両眼視できる状態をつくっておくかということです。逆にいえば、適切な度数のプリズム眼鏡が常用できていれば、両眼視できる状態になっているはずですので、手術は急ぐことはありません。ただ、膜プリズムは度数によっては視力が低下しますので、斜視の角度が安定したら手術を受けることをお勧めします。また、部分調節性内斜視で治療の対象となるのは、あくまで屈折矯正眼鏡を装用しても残存する内斜視に対してであり、術後も屈折矯正眼鏡は必要になります。
社会保険中京病院眼科 横山吉美
Q

白目のところに1cmほど縦長で突起したものがあり取ってもらいました。取りっぱなしで縫合はしなくても治るのでしょうか?縫合すると余計その部分が赤くなりますか?

【30代 男性】2013.01.09

A
これは大きさと何をとったかによっても異なると思います。一般的に小さいものであれば縫合はいらないですが、結膜の欠損が大きい場合は縫合が必要になると思います。
岐阜赤十字病院眼科 名古屋アイクリニック 小島隆司
Q

私は近視なんですが、10日程前から休みという事もあってかパソコンやTVに長く関わる生活をしていました。

すると、光がまぶしく感じ、ピントも合わせにくくなり疲れ目の症状の他に飛蚊症(前からありましたが、よりハッキリと見える)や光の点が見えるようになりました。初めはただの疲れ目や眼精疲労だろうと思いましたが、新学期が始まってもまぶしく感じる事はなくなったとはいえ、光の点や飛蚊症がたいして良くなりません。近視、若年という事で網膜裂孔を疑っています。眼科は明日にでも受診しようと思いますが、是非専門家のアドバイスを聞きたいと思い投稿致します。

何卒よろしくお願いします。

【10代 男性】2013.01.09

A
症状からすると眼精疲労の可能性はあります。光の点や飛蚊症が悪化しているようでしたら網膜裂孔の可能性もあります。どちらにしても症状からは早めに受診された方がいいと思いますので、眼科で詳しく検査を受けられるのがいいと思います。
岐阜赤十字病院眼科 名古屋アイクリニック 小島隆司
Q

初めて相談させていただきます。2年半ほど前から両目の虹彩炎(?)で治療をしています。今は炎症の方もほとんどわからないくらいにはなっているようですがステロイドの目薬(リンデロン)をやめるとまたぶり返すことがあったので目薬だけは1日1回さしています。そんな事をしているうちに半年くらい前から、左目は眼圧が上昇。右目は目の奥の中心部分が腫れ、さらに膜のようなものがあり見え方もゆがみと物が小さく見えて、ぼやけているので文字がはっきり読めない状態になっています。先生は視力が出ているので(1.2くらい)いろいろしないで自然に治るのを待つようなことを言います。左目の眼圧は下がりましたが右目はこのままでいいのでしょうか?

【50代 女性】2013.01.09

A
右眼は黄斑前膜と黄斑浮腫があるということだと思いますが、視力が下がってくるようであれば硝子体手術の適応と思います。硝子体手術も最近は安全になっていますが、手術ですのでリスクがあるために、現状の視力では行わないことが多いと思います。今後は定期的な診察を受けて進行がないかどうかチェックを受けられるのがいいと思います。
岐阜赤十字病院眼科 名古屋アイクリニック 小島隆司
Q

昨年9月4日に質問させていただきました。

糖尿病合併妊娠で、昨年11月に出産しました。
妊娠前はヘモグロビンA1Cが11と非常にコントロールが悪い状態でした。

妊娠が発覚し、血糖コントロールを急激に行ったことから網膜症が発症しました。

妊娠7か月では、以前質問しました通り、視界に影ができて検査の結果動脈が詰まってしまっていて、もう影が消えることはないとのことです。

それから、網膜症の進行が速く、ステロイド注射・レーザー治療などを一通り行いました。

質問ですが、11月に出産後、眼の毛細血管の血流が悪く、視界に影が増えて続けています。
血糖はヘモグロビンA1C5.6(新基準)で半年くらい落ち着いています。
血圧も正常値です。
出産前後は、網膜症も悪化するだろうと予想していましたが、出産後1か月以上経過しても悪化を続けるばかりです。

かかっている眼科からは、もう悪化する原因がわからないといわれてしまいました。
やはり、妊娠前のコントロールが悪い状態でいたのが影響を続けているのでしょうか。。。

子供の顔に影が見えるのが恐怖でたまりません。
少しでも思い当たる原因があったら教えていただけないでしょうか

【30代 女性】2013.01.09

A
基本的には糖尿病網膜症はある程度悪化してしまうと、どんどん悪化してしまうことがあります。
悪化した原因は妊娠前のコントロールが悪かったことにも原因はあると思います。
実際に診察したわけでないので、確定的なことはお話しできませんが
必要な事はレーザーをしっかり行う事と、増殖変化や黄斑浮腫などがあるようなら抗VEGF治療も早めに行った方がいいかもしれません。
岐阜赤十字病院眼科 名古屋アイクリニック 小島隆司
Q

過矯正のメガネは裸眼視力が下がってしまうと聞きましたが、度を下げた弱いメガネで裸眼視力が下がるということは一般的には無い。という理解で正しいのでしょうか?

【10代 男性】2013.01.07

A
近視の度を下げた眼鏡を使い続けても、それが原因で近視がさらに進行し裸眼視力が低下することはないと思います。ただし近視の進行は多因子によるものですので、そういった眼鏡をかけていれば全く近視が進行しないというわけではありません。
岐阜赤十字病院眼科 名古屋アイクリニック 小島隆司
Q

半年ほど前にも質問をさせていただいた者です。
まぶたに炎症を起こし(医者からはさんりゅうしゅと言われましたが明らかなしこりはありませんでした)、半年たってだいぶ落ち着きました。しかし、前のご回答にもありましたように、炎症が起きると組織が変化して浮腫が残ったり、まぶた自体が変形することもあると伺いました。まさに現在そのような状態で、まぶたにくぼみもできてしまい、見た目的にもとても気になります。元の状態に戻したいのですが、まずはどちらに相談すれば良いでしょうか?一度眼科に診ていただいた方が良いでしょうか?皮膚のことだから皮膚科でしょうか?
ご回答、よろしくお願いいたします。

【30代 女性】2013.01.07

A
眼科の守備範囲ではないと思いますので、美容外科に相談されてはいかがでしょうか。しかし、まぶたが凹んだ部分は組織が萎縮した場所ですので、すぐに回復は難しいと思います。
岐阜赤十字病院眼科 名古屋アイクリニック 小島隆司
Q

今のところ年末に一回と年始に一回だけですが、目の焦点の合う中心部分が光っているような、ボヤけているような、見えないような感じになりました。
コンタクトを買うための眼科で訴えましたら、眼球や脳など器官に問題がある場合は、現象が起こったり起こらなかったりということは無く、ずっと症状は出たままだと言われました。

症状が出たり出なかったりするような場合は、ストレスや神経症など神経系の病気によるものと考えられると言われました。

私は鬱病、神経症の病気が10年来有りまして、現在薬はパキシルCRとユーパンを飲んでいますので、明らかに後者の理由と思い当ります。

そこで質問ですが、神経症が何にどのような影響を与えて視野を欠けさせるような事態になってしまうのかと、目や脳の機能そのものは問題がないのか、神経症による視野欠損の場合の治療法はどうすれば良いのか教えてください。
あるいは神経症そのものと言うより、薬の副作用とかでしょうか?よろしくお願いします。

【40代 女性】2013.01.07

A
大変申し訳ありませんが、神経症がどのようなメカニズムで視野欠損を起こしたりするのかはほとんど分かっていません。治療方法についても同様で、眼の治療というよりは神経症そのものを内服薬などで治療していくことになります。
岐阜赤十字病院眼科 名古屋アイクリニック 小島隆司
Q

先日、緑内障と乳頭についてでご質問させて頂いたものです。
迅速かつご丁寧なご回答、ありがとうございました。

また気になることが出てきましたので、度々申し訳ありませんが、ご質問させてください。

左目が黄斑近くに病変があり、視野欠損しています。
最近、右も黄斑変性自己チェック(格子のシート)でチェックしてみると、見つめる中心の点の2マス上の線が歪んで見えることに気がつきました。
ほんのわずかですが、歪んでいます。

かかりつけの眼科にて、眼底検査、OCT?検査、先生が目にライトをあてて診たり、で、調べて頂きましたが、何も異常はないという事でした。

左が視野欠損していて、右だけが頼りなのでとても不安です。(右も乳頭が緑内障に注意するよういわれていますし...)

チェックシートの中心を左で見ると視野欠損部分が黒く丸く見え、その周りの線が右に膨らんで見え、
右で中心を見ると点の上2マスがわずかに左に膨らんで見えます。

左が視野欠損しているので、右がそれをカバーするためにこのように歪んで見えるようになったりするものなのでしょうか?

左の視野欠損が見つかってから、3回ほど散瞳検査をしましたが、それが目に悪影響になったことは考えられるでしょうか?(1週間のうちに2回したこともあります)

生まれつきにこのように少し歪んで見える人もいるのでしょうか?両目で見るとちゃんとまっすぐ見えます。
視野欠損が見つかって、精神的に大きなストレスがかかりましたが、そのような精神的な事で歪んで見えるようになったりすることはありますか?
一過性でなることはあるのでしょうか?

眼底検査とOCT検査で今のところ異常なしでしたら、そんなに心配はいらないのでしょうか?

ちなみに視力は両目とも0・3くらいで、矯正視力もよく出ています。

左が視野欠損していますし、これから妊娠も考えていますのでとても不安で色々とご質問させて頂きました。

ご回答頂けたら幸いです。
よろしくお願いします。

【30代 女性】2013.01.07

A
生まれつき網膜に障害がある場合もありますし、その後の病気でゆがんで見える場合もあります。精神的な病気では見えない物が見えることもあるぐらいで歪みなどを訴える場合もあります。
現在一番重要なのは、活動性のある病気があるかどうかということです。眼底検査とOCTで特に問題ないと言われたことから活動性の病気があるとは思えません。
ちなみに眼科の散瞳検査を繰り返しても眼に悪影響を起こす事はありません。
岐阜赤十字病院 名古屋アイクリニック 小島隆司

眼科相談室に掲載された全ての内容の著作権は株式会社中京メディカルにあります。

眼科相談室 メイン担当医

眼科相談室 メイン担当医

医学博士小島 隆司

慶應義塾大学医学部眼科学教室
特任准教授

名古屋アイクリニック
眼表面専門外来担当

モンゴル国立大学医学部
客員教授

1998年 名古屋大学医学部卒業 社会保険中京病院勤務
2005年 ハーバード大学 Massachusetts Eye and Ear 留学
2006年 イリノイ大学眼科留学
2012年 慶應義塾大学医学部 博士号取得
2012年 岐阜赤十字病院眼科 主任部長
2017年 慶應義塾大学医学部眼科学教室 特任准教授
名古屋アイクリニック眼表面専門外来担当
岐阜赤十字病院眼科非常勤医師(角膜外来担当)
大連医科大学眼科客員教授

資格:医学博士・眼科専門医・指導医

現在までに白内障手術6000件以上、翼状片手術1000件以上
角膜移植300件以上、角膜クロスリンキング400件以上執刀。
その他、雑誌監修やTVなど、多数のメディアで目の悩みについて回答している。

眼科医小島隆司の公式サイト

CLOSE

ログアウト

ページトップへ