中京グループ眼科専門医による
目に関するポータルサイト

相談受付はこちら

眼科相談室

目のお悩みに役立つQ&A

数千件におよぶ目に関するQ&Aから
あなたのお悩みの参考になる事例を検索できます。

眼科相談室
眼科相談室
キーワードから相談事例を探せます

検索結果

2961件中 11 - 20件

Q

先日、眼科を受診した際にこれ以上悪くなったら抗VEGF注射をした方がいいと言われ、高いでしょ?と返したら、保険が効くので3割負担で大丈夫と言われました。その後に年齢を確認されて、年齢的(当方40代前半)に保険が効かないといわれました。
年齢によって保険が効く効かないということは聞いたことなくて、色々調べてもわからなかったので、自分なりに推測して、「加齢黄斑変性」は50歳以上で、若い人は「黄斑変性」となり「加齢」がつかないので適応疾患にならないという結論に達しました。
間違いないでしょうか?
また、保険適応でないということは「高額療養費」の対象にならないということでしょうか?
次の受診がかなり先なので、お手数ですが宜しくお願いします。

【40代 男性】2021.09.24

A

一般的には40代でも加齢黄斑変性になる方はありますので、保険が効くと思います。ただ保険適応の判断は、その地区のよっても変わることもあるので、お住まいの地域ではそのような判断をされたのかもしれません。かなり高額の治療で、何回も注射が必要になることが多いので出来るだけ保険が効くところで治療を受けられるのがいいと思います。

小島隆司

 

Q

強度の乱視の治療方法ってないのでしょうか?

【30代 女性】2021.09.22

A

強度乱視の治療法は、レーザーでの角膜矯正手術(レーシック、PRKなど)、ICLがあります。それぞれ一長一短がありますので、眼科で相談されるのがいいと思います。

小島隆司

 

Q

昨年、左眼白内障の手術についてご相談した者です。その節はありがとうございました。

右眼の視力を失いかけていて、左眼も何かあったらと躊躇しておりましたが、おかげさまで思い切って手術を受けて良かったです。

今日は右眼についてです。5年ほど前に網膜剥離でその後何回か手術しましたが、残念ながら今は端の方で手が動いているかどうか判断できる程度です。手術後眼圧が上がり、今も4種類の点眼薬を続けていますが、視神経が衰えているようです。

目薬でアレルギーが出るのですが、先生にはそんなことは言っていられない、失明するかの瀬戸際と言われました。
いずれは失明してしまうだろうが、引き伸ばすためだともおっしゃいました。

そこで疑問に思うことは
1:失明すると光が入らなくなるのでしょうか? 
2:今も見えないのですが、よりどんな点で不便を感じるのでしょうか?
右眼から入る光が邪魔と感じ片目をつぶっていることもしばしばあります。
3:痛みが出るのでしょうか?
4:何らかの手術が必要になりますか?
5:外見が変わりますか?
6:失明しないように引き伸ばすのは、左眼も網膜剥離を起こす可能性が高い(目の創りから)ので、その時に光だけでも入っていた方がいいからなのですか?

?だらけなのですが、一生懸命に見て下さっている先生にはなかなか伺えないので、こちらにきました。
よろしくお願いします。


【60代 女性】2021.09.21

A

1.失明をどこで定義するかにもよりますが、最もひどい状態では光が分からない状態になります。

2.中心の視力が失われても周辺部で動きが分かれば、視野として機能している可能性はあります。これが失われることで、両眼で見たときの視野が狭くなるなる可能性があります。片眼の

3.眼圧がずっと高いと角膜が傷んでしまい、痛みがでることがあります

4.痛みが強い場合は、眼圧を下げる手術が必要になる事があります

5.角膜が悪くなると、濁って黒目の部分が白くなることがあります。

6.そういった意味もあります。また光の影響というのは1日の体のリズムを整えるのに役立っていますので、少しでも残した方がいいと思います。

Q

円錐角膜になって15年経ちます。
先日左眼がズキッと痛み、次の日は黒目に白いもやがかかり、痛みで目が開けれず、近医に受診しました。
膿が溜まって放置すると失明の可能性もあると言われ、クラビットとベストロンを時間をずらし、1時間おきに点眼、それと朝晩に散瞳点眼薬を処方されました。
10年前に起こした角膜水腫に症状が似ており、その時はクラビットとフルオロメトロン0.1%の処方だったと思います。
目ヤニは出ておらず、先生に適切に症状を伝える事が出来なかった為、不安になってしまいました。
膿が溜まっていても角膜水腫でも、今回の処方で適切と考えて良いでしょうか?目薬さしすぎではないですか?

【40代 男性】2021.09.20

A

今回のお話からすると、角膜の感染を起こした可能性があるとのことだと思います。感染の場合ですと、フルオロメトロンなどのステロイド剤を使用するとかえって悪化することがありますので、そのような処方になったんだと推測します。

散瞳点眼薬は眼内に炎症が波及しているため、その影響を小さくするためのものと思います。感染を疑うなら、適切な処置と思いますので、しばらくしっかりみてもらってください。

小島隆司

Q

お世話になります。

3週間前に網膜剥離によるバックリング手術を行いました。
剥離部分は左目の下の部分で、術後すぐに穴も塞がって下の水も抜けているようで、1週間半後には仕事に復帰しました。

現時点で、視界の左上がチカチカすることや右を向きづらい、ピントが合いにくいことは術後の後遺症?として把握しています。
しかし、一つ気になることがあります。


顔を傾けると、視界の右下が暗くなります。
歩く時や顔を左に傾けたとき、右に傾けて起こそうとするときなど、主に重力がかかる時に視界の右下が暗くなります。
イメージで行くと、メガネが曇るかんじで黒い穴が広がる感じです。
ほぼ丸一日ずっとです。そろそろこれを発症して1週間です。
病院で顔を傾けると暗くなると説明しましたが、特に網膜の上に新たに剥離していることもないということでした。もし、視野欠損で視界に暗い部分があるならどこを向いていてもずっと欠損しているはず、と。
確かにそうなんだろうと思います。しかし実際にそう見えているので気になります。

網膜上で血流が悪くなっていることや鬱血などあり得るのでしょうか。
ベルト自体は、そんなに強く巻いていないし、剥離が下の方だったのでそこしか巻いていないようです。
経過観察中ですので、まだ安定していないだけでしょうか?
不安です。お医者さんはかなり腕がいい方だとおもうので、私が精神的に不安定なのか、、

何か原因は考えられるでしょうか。

【20代 女性】2021.09.19

A

網膜剥離は手術によって網膜が元の位置に戻っても機能が戻るまでに時間がかかる場合があります。その場合、剥離していた部分の見え方が暗いなどの症状がしばらく続くことも考えられます。また、網膜剥離の手術をしてもしばらく網膜下液といって網膜の下に水がたまっている状態が続くこともあります。左下に顔を傾けることで、網膜下の水が移動し、その部分に対応する視野の一部が暗くなる症状をきたしている可能性もあるかもしれません。これらが原因だとすると徐々に軽快する可能性が高いと思われます。一度主治医の先生とよく相談されることをお勧めいたします。

JCHO中京病院 横山翔

Q

生後4ヶ月の息子の右目がCataractと診断されました。オーストラリアに住んでいる為、セカンドオピニオンや眼科へ自分から行くことはできなくて、GPとよばれるドクターから眼科のスペシャリストに紹介状を書いてもらっている所です。白内障ということだと思うのですが、赤ちゃんの白内障は進行が早いなどありますでしょうか?今すぐに!という程急ぐ程ではないと言われたのですが、心配です。治療するとなればどのような治療になるのでしょうか?ライトで目を見た時に赤い光が見えないといけないのが、右目だけ弱いといわれました。お手数おかけしますが宜しくお願い致します。

【10代未満 男性】2021.09.14

A

先天白内障だと思います。

子供の場合、視力の発達時期ですので、場合によっては早期の治療が必要になります。

急ぐほどでは無いということから、混濁がそれほど強くない状態と思いますが、専門医の受診は必要と思います。

小島隆司

Q

単焦点レンズの焦点についての質問

40歳頃から老眼で、現在68歳。 長年遠近メガネを使用して居ます。
両目の白内障の手術を勧められ、単焦点のレンズを選びました。
自身でレンズの焦点を選ぶ様に言われたのですが、悩んで居ます。
生活をするには近くが良いのではと思うのですが、看護師さんも女性は近くの作業が多いからと近くを勧めてくれました。
しかし、調べてみると、遠視、正視の人は、遠方重視と書いてありました。
近くを選んでも問題がないのか、実際はどちらを選べば良いか決めかねています。
メガネをかければ、どちらを選んでも目への負担は変わらないということなのでしょうか。

運転をすることがあるのですが、近くを選んでもメガネをかければ運転に支障はないのでしょうか。
どの焦点を選ぶのがベストか、どちらでもいいのかお教えください。

【60代 女性】2021.09.14

A

元々、遠視、正視の方は、単焦点眼内レンズで術後も遠くがよく見えるように合わせることが圧倒的に多いです。

逆に近視の方は近くが裸眼でみえるように合わせることが多いです。

これは以前の眼鏡をかけるスタイル(どのような時にかけて、どのような時は無しで見るか)を保った方が、生活上違和感を感じにくいからです。でも、もともと近視でもコンタクトをずっと使っていて、遠くが眼鏡無しで見えることを希望して、そのようにする方もありますので、絶対そのようにしないといけないというわけではありません。

近方に合わせても眼鏡をかければ遠くが見えますので、運転には支障は無いと思います。近くが裸眼で見えるようにした場合は、普段出歩くときはずっと眼鏡が必要になりますので、それが億劫じゃ無いかどうかだと思います。

小島隆司

 

Q

私は元々外斜視が酷く、高校生の時に左目の手術を受けました。斜視の検査の時に、先天奇形で網膜がズレている(未熟児網膜症)と眼科の先生に言われたのを思い出しました。ちなみに未熟児ではありません。
その時は高校生だったので意味がよく分からず聞いていましたが、網膜が先天的にズレるということはどういうことなのかお伺いしたいです。また、その影響で右目の斜視の出現・手術の必要性や視力低下などはあるのか不安に感じています。

長くなりましたが、お伺いしたいことをまとめると、

①網膜が先天的にズレるということはどういうことなのでしょうか?またそのせいで視力低下などはありますか?
②高校生の時に左目の斜視の手術を行いましたが、右目もたまに外に寄ることがあります。もう片方の右目も斜視の手術は必要でしょうか?

よろしくお願い致します。

【20代 女性】2021.09.14

A

ご質問についてお答えします。

①未熟児網膜症などが原因で、牽引乳頭(視神経乳頭がひっぱられる状態)が生じると、ものを見る網膜の中心部である黄斑部の位置も変化することがあります。そうなると見かけの斜視の程度と実際計測される斜視の程度が異なることがあります。このような場合は、治療できる斜視の程度と患者さんが気にしている斜視の程度が異なる場合があります。視力については、網膜の機能がしっかりあれば網膜の位置がずれていても視力は良好です。

②たまにずれる程度であれば経過観察でよいと思いますが、ずれる頻度が増えたりずれっぱなしになってしまうようであれば手術を検討されてもよいかもしれません。

ご参考になれば幸いです。

JCHO中京病院眼科 横山吉美

Q

子ども3歳8ヶ月が、遠視、弱視と診断されました。矯正用のメガネが必要と言われましたが、この年齢で0.8視力があればまだ経過観察でいいのでは?と思いますが、メガネは必要でしょうか?


S球面 pd 用法
右+1.50d 24.0
左+1.50d 24.0 48.0mm 遠用


視力 遠見rv=0.8 近見nRv=0.6
Lv=0.8 nLv=0.6


2021.09.11

【30代 女性】2021.09.13

A

視力の発達はご指摘のとおりで年齢相応ですので、内斜視がなければ眼鏡は一旦保留でもよいと思います。ただ遠見視力よりも近見視力のほうが低いのでもう少し遠視が隠れているかもしれません。アトロピン点眼やサイプレジン点眼での屈折検査はされておられますでしょうか。

また実際診察をさせていただいたわけではないのであくまで一般的な回答としてご理解のほどお願いいたします。

JCHO中京病院眼科 横山吉美

Q

今回ご相談させていただく経緯から書かせていただきます。

2019年10月ごろ テニスのガットを張っていたとき、ペンチによる左目の角膜裂傷、外傷性白内障により緊急手術を行いました。
(主治医より「左無水晶体眼、左角膜裂傷後」と診断)

入院のち、退院してから2年弱経ちましたが、現在経過観察で通院していました。
先日久しぶりに通院した際に、左目の炎症は見られない。右目にも異常はない。といわれ、最後に『今後は手術の予定は特になく、このまま経過を見ていく』と言われました。
自分が2年前の術後言われたのが、白内障手術のようなことをすると言われていたので、かなり動揺しました。
手術はしないのか?と何度も聞き返しましたが、しないと言い切られてしまい、それ以上説明が特にありませんでした。

怪我当初は学生だったので、不便なことがあっても融通が効くところ、理解してもらえるところはありました。
また何かしら今の状況から手術をして良くなると思っていたので、乗り切ることができました。

しかし、社会人の現状や2021年9/2の病院でのことで、どうしていいか分からず全て不安です。
見えづらい生活しづらいはもちろんですが、見た目でかなり斜視っぽくなっているのが自分ではコンプレックスで、人の目を見るのが怖いです。
また、その先生はもともとそこの大学病院の先生でしたが、2021年初めくらいから非常勤になったことも疑念があり、全ての現状から目の前が真っ暗になりました。

こんなこと言ってもしょうがないのですが、今後について

・どのような対応をするべきなのか
・セカンドオピニオンの利用
・セカンドオピニオンをしたい場合どこの病院に行けばいいのか

教えていただきたいです。

長文でご連絡申し訳ありませんが、今の自分の気持ちです。
このようなご時世なので沢山の相談があると思いますが、
一読いただけると幸いです。

【20代 女性】2021.09.08

A

お話からすると、これまで治療してきたので諦めきれない気持ちはよく分かります。このためセカンドオピニオンで大きい眼科や大学病院を受診することは全く問題ないと思います。申し訳ありませんが、当相談室では病院の紹介は行っていませんので、現在の主治医の先生に聞かれるか、その地域の大きい眼科にまず受診されることをお勧めします。

お話からすると、左眼の角膜裂傷、無水晶体眼だけであれば、治療は可能と思いますが、網膜まで障害を受けていると治療は難しい場合があります。網膜がまだ大丈夫でしたら、角膜移植や眼内レンズを入れる手術などが必要になります。

小島隆司

 

眼科相談室に掲載された全ての内容の著作権は株式会社中京メディカルにあります。

眼科相談室 メイン担当医

眼科相談室 メイン担当医

医学博士小島 隆司

慶應義塾大学医学部眼科学教室
特任准教授

名古屋アイクリニック
眼表面専門外来担当

モンゴル国立大学医学部
客員教授

1998年 名古屋大学医学部卒業 社会保険中京病院勤務
2005年 ハーバード大学 Massachusetts Eye and Ear 留学
2006年 イリノイ大学眼科留学
2012年 慶應義塾大学医学部 博士号取得
2012年 岐阜赤十字病院眼科 主任部長
2017年 慶應義塾大学医学部眼科学教室 特任准教授
名古屋アイクリニック眼表面専門外来担当
岐阜赤十字病院眼科非常勤医師(角膜外来担当)
大連医科大学眼科客員教授

資格:医学博士・眼科専門医・指導医

現在までに白内障手術6000件以上、翼状片手術1000件以上
角膜移植300件以上、角膜クロスリンキング400件以上執刀。
その他、雑誌監修やTVなど、多数のメディアで目の悩みについて回答している。

眼科医小島隆司の公式サイト

CLOSE

ログアウト

ページトップへ