白内障とはどんな病気なのか、その特徴や症状を解説。

白内障事典
「見える扉」を開くために。

歳を重ねるにつれ、発症率が高くなる
白内障は、身近な眼疾患と言えます。
白内障事典は、約80,000件もの白内障手術の
実績を持つ専門医が、
白内障と
その治療法について解説します。
白内障で悩んでいる方の
「見える扉」を開くために。

白内障を知る

白内障は「老化現象」のひとつ

歳を重ねるにつれ、誰でも目の不調を感じることが多くなります。暗いところで文字が読みにくくなったり、物がぼやけて見えにくくなったり。目が疲れやすくてショボショボする、という声もよく聞きます。こんな症状が出たとき、大多数の方は、眼科医に相談することなく、「歳のせいだから仕方がない」と思い、老眼鏡に頼ったり、市販の目薬を使用したりします。しかし、歳を重ねるにつれて進行する目の不調には、遠近の調節機能が衰えて見えにくくなる、「老眼」の他にも、さまざまな病気が隠れていることがあります。その中で最も多い眼疾患が「白内障」という病気です。

一般的な白内障は、老化によって発症するもので、早い方だと40歳前後で発症し、60歳を過ぎると80%以上の方が、80歳を過ぎると100%の方に白内障の症状が認められます。つまり、白内障は「老化現象」のひとつだと言えます。平均寿命が80歳を超える長寿国・日本において、白内障は誰もがかかる目の病気なのです。

白内障とはどんな病気なのか

白内障の病状をひと言で説明すると、「目の中にある水晶体が濁る病気」です。
水晶体は主に水とタンパク質でできており、無色透明で、カメラのレンズのような役割を担います。対象物を見るとき、厚みをまわりの筋肉によって変化させることでピントを合わせています。目のレンズの役割を果たす水晶体が濁ってしまうと、当然、対象物がよく見えなくなってしまいます。

 

白内障の症状は、水晶体の濁り方によって異なり、モヤがかかったようにぼやけて見える症状や、光が拡散して眩しく見える症状などがあります。また、進行度合いには個人差があり、片目だけ白内障を発症した方もいれば、両目同時に発症する方もいます。ただし、片目だけ発症していれば、ほぼ確実にもう一方の目も、いずれ白内障を発症します。
白内障の症状が進行すると、視力が徐々に失われ、生活の質が著しく低下します。また、手術を受けようとした際に、手術がやりにくくなる場合もあります。老眼の症状が出始めている50歳以上で、白内障によって日常生活に不自由を感じている方は、少しでも早く手術を受けることをお勧めします。まだまだ働き盛りの年代で、視力の不安を感じながら毎日を過ごすことは、仕事をする上でも大きなマイナスになるでしょう。さらにその後の長い人生を考えると、1日でも早くクリアな視界を取り戻すことが「人生の質」を高めるに違いありません。白内障の手術は、病気の治療にとどまらず、再び若い視力を手に入れ、輝かしい日常生活を過ごすための手術でもあるのです。

 

【白内障による大きなリスク】

白内障で危険なのは、治療せず放っておくことです。白内障を発症してそのままにしておくと、間違いなく進行し、眼圧が高まって視野が狭くなる「緑内障」を引き起こす可能性があります。緑内障は最悪の場合、失明につながる恐ろしい眼疾患で、現在、日本では中途失明の原因第1位が緑内障なのです。緑内障のリスクを未然に防ぐためにも、白内障と思われる症状が出たら、すぐに眼科を受診してください。

 

白内障の種類

白内障は、「先天性白内障」と「後天性白内障」に分けられ、それぞれ特徴が異なります。

 

【先天性白内障】

生まれつき水晶体が濁っている症状です。原因は、遺伝的なものと、母親が妊娠中に発症した風疹(ふうしん)によるものが考えられます。急速に症状が進行するケースは少なく、見え方に問題がなければ、経過を観察し、必要に応じて手術します。ただし、水晶体全体が濁って、物がはっきり見えないときは、すぐに手術を行います。生まれてすぐの赤ちゃんでも、水晶体全体が濁っていれば手術が必要です。物が見えないことが、赤ちゃんの目の発達に悪影響を及ぼすからです。生後まもない赤ちゃんは、目と脳の情報をやり取りする視覚経路が未発達で、物を見ることによって、その情報が脳に運ばれて視覚が発達します。この視覚がほぼ完成するのは、8歳前後と言われています。長い間、赤ちゃんの目を見えない状態に放置しておくと、視覚経路が発達せず、結果視力が弱くなってしまうのです。このような理由から、赤ちゃんの目の治療は、できる限り早く行います。目から脳につながる視覚経路に、一刻も早く情報が流れる状態にしなければならないからです。手術は、早ければ生後2〜3週間、遅くても1〜2ヶ月以内に行う必要があり、術後は長時間の眼帯などにより「見えない状態」にすることは、絶対に避けなければなりません。

 

 

【後天性白内障】

生まれつき水晶体に濁りが生じている先天性白内障に対して、加齢によるもののほか、糖尿病・強度近視・アトピーなどの併発からによるもの、ステロイドなどの薬からによるもの、さらに放射線や外傷からによるものなど、さまざまな要素が引き金となって水晶体が濁ってしまう後天性白内障。それぞれのタイプや進行状況によって治療方法は異なりますが、いずれも手術によって治すことができます。

 

●加齢白内障
白内障の9割を締めるとされる加齢による白内障。老化のスピードに個人差があるように、40歳前後で発症する方もいれば、70歳を過ぎても症状が現れない方もいます。しかし、80歳を過ぎればすべての方に白内障の症状が現れます。

●併発白内障
他の病気が原因で引き起こされるのが併発白内障です。原因となる病気には、糖尿病やアトピーなど、目とは関連のない病気によるもののと、目の他の病気によるものとがあります。

 

●糖尿病性白内障
糖尿病の方は、血糖コントロールがうまくいかず、目の水晶体内に「ソルビトール」という糖の一種が蓄積することで、白内障を発症する可能性があります。また、加齢白内障も糖尿病の方は進行が早いとされています。さらに糖尿病は、「糖尿病網膜症」という失明の危険のある恐ろしい眼疾患を併発することもあり、糖尿病の方が白内障の手術を行う際には、十分な検査と細心の治療が必要となります。

 

●アトピー性白内障
特に顔にアトピーのある場合に多く発症します。アトピーのために顔が痒くなると、つい目をこすったり叩いたりしてしまい、眼球に外傷が生じることが要因とされる場合や、アトピー治療に使用するステロイド剤が要因とされる場合もあり、アトピーにより白内障を引き起こす要因について、はっきりしたことはまだ分かっていません。

 

●外傷性白内障
目にテニスや野球のボールがぶつかったときや、強く打撲したとき、また目にひどいケガをしたとき、水晶体が傷ついて白内障を発症することがあります。

 

●薬剤性白内障
他の病気の治療で用いた薬剤が原因となって引き起こされる白内障です。はっきりとしたメカニズムは解明されていませんが、最も多いは、「ステロイド白内障」です。アトピーなどのアレルギー疾患の治療に使われるステロイド剤は、長期に渡り使用すると、白内障を引き起こす可能性があります。また、緑内障の治療に用いられる「ピロカルピン」という点眼薬も、白内障を発症させる可能性があると言われています。

水晶体の濁り方の違いによって異なる白内障

近年の手術法の進化により、白内障の手術は、より安全で簡単になりましたが、発見が遅れたり、症状を自覚しながらも放置していると、視力の回復そのものが難しくなる場合があります。特に注意したいのは、進行が速く、処置の緊急性のある白内障です。例えば加齢が原因とされる白内障の中でも、水晶体の濁り方の違いによって進行の度合いが異なり、場合によってはすぐに手術しないと手遅れになってしまうケースもあります。
水晶体の濁り方は大きく分けて3種類です。それぞれのタイプで緊急に手術が必要なケースや、自覚しにくいケースなどがあります。

 

●核白内障
白内障の中で、もっとも早く手術を受けなければならない核白内障は、水晶体中央部の核から濁りが広がります。核はもともと硬いのですが、濁るとますます硬くなり、手術が難しくなってしまいます。核白内障は、放置すると合併症のリスクが高まるだけでなく、手術しても視力回復に支障が出る可能性があります。そのような事態にならないためには、早期発見・早期手術が必要です。
自覚症状として気をつけるポイントは、色彩感覚の変化です。核は硬くなると同時に黄色味を帯びるようになり、やがて褐色になります。常に濁ったレンズを通して物を見ることになるので、何を見てもくすんだ色に見えるようになります。
また、核が硬く大きくなってくると、光の屈折率が変化し、一時的に近視のような状態になるため、メガネやコンタクトレンズの度数を変える方も多いのですが、老眼が改善されたと勘違いして、白内障であることに気がつくのが遅れてしまうケースもあります。
色の見え方やメガネやコンタクトレンズの度数などに変化が生じたら、核白内障を疑って眼科を受診してください。

 

●後嚢下(こうのうか)白内障
水晶体の後ろ側から濁ってくる後嚢下(こうのうか)白内障は、発症割合はそれほど高くないのですが、一度発症すると重篤化しやすい白内障で、短期間で急激に視力が低下することがあり、放置しておくと、最悪の場合、失明の危険があります。
自覚的な症状の特徴として、水晶体の中央部から濁り始めるため、早い段階で光の通り方に影響が現れ、強い眩しさを感じます。急激な視力低下や光を敏感に感じるなどの変化を感じたら、早めに眼科を受診してください。
後嚢下白内障は、加齢白内障だけでなく、アトピー性白内障でも発症します。一旦発症すると急速に悪化するため、早急な治療が必要になります。

 

●皮質白内障
水晶体の外側の皮質という部分から濁る皮質白内障は、加齢白内障の中で最も多いタイプの白内障です。核白内障や後嚢下白内障に比べると、発症した時点での手術の緊急性は高くないのですが、その進行の遅さが災いすることがあります。
濁りが水晶体の中央に広がるまで視力に影響がないため、何年も症状に気づかないことがあります。しかし、濁りが水晶体の中央、つまり核の部分まで広がってくると、急に光に敏感になり、眩しさを強く感じるようになるという自覚症状も出てきます。
進行が遅い白内障とは言え、早期に手術を決断した方が治療もスムーズです。

白内障の予防

白内障を発症する要因のひとつは紫外線です。地上に届く紫外線には、A波とB波があり、白内障の原因となるのはB波です。肌に日焼けというダメージを与えるB波は、水晶体のタンパク質を傷め、白内障を引き起こします。長時間、強い紫外線を浴び続けると、白内障の進行が早まることが分かっています。

雲やガラスも通過するA波と異なり、B波は防御できますので、屋外ではUVカットのサングラスや、つばの広い帽子を着用するなどの対策を行ってください。

白内障事典 監修
医学博士

市川 一夫

医療法人いさな会 中京眼科 視覚研究所 所長
独立行政法人 地域医療機能推進機構 中京病院 眼科 顧問

医学博士 市川一夫

1978年、愛知医科大学医学部医学科卒業。
1983年、名古屋大学大学院医学研究科博士課程(外科系眼科学専攻)修了。
社会保険中京病院眼科医長を経て、1986年、同院眼科主任部長に就任。
眼科医療では、一般的に年間200〜300件の白内障手術を行う医師の中、年間3,000件以上の白内障手術を執刀し、生涯執刀数は80,000件を超える。

また、1994年、社会保険中京病院眼科を中核とした、病院・クリニックグループを支援する、株式会社中京メディカルを設立。眼科専門医の指導、育成にも尽力し、年間約14,000件の手術指揮を行う。
さらに、国際医療支援活動にも積極的に取り組み、毎月海外で白内障手術を執刀。
現在、名古屋大学医学部臨床講師、北里大学医学部眼科非常勤講師、大連医科大学客員教授も務める。

ページの先頭へ