眼科相談室では、みなさんから寄せられた目に関するお悩みと眼科専門医の回答をQ&A方式で紹介。

眼科相談室
目のお悩みに役立つQ&A

多数のみなさんから寄せられた、目に関するお悩みと専門医がアドバイスした内容をご覧いただけます。
また、専門医に相談したい方は、相談受付フォームから
お気軽にお問い合わせください。

眼科相談室
メイン担当医
小島 隆司医師

個人 公式HPはこちらから小島医師の公式HP

日本眼科学会認定眼科専門医、指導医、医学博士。
1998年名古屋大学医学部卒業後、ハーバード大学及びイリノイ大学留学を経て慶應義塾大学医学部博士課程修了。名古屋アイクリニックなどでの診察・手術や慶應義塾大学眼科特任准教授を務める。その他、雑誌監修やTVなど、多数のメディアで目の悩みについて回答している。

Q&A検索

疾患名、症状、キーワードからの検索が可能です。
  • 【検索結果】2528件中 13 - 24件

眼科相談室に掲載された全ての内容の著作権は株式会社中京メディカルにあります。

2019年12月21日

母のことについて質問させていただく、メールをさせていただき…

60代 女性

母のことについて質問させていただく、メールをさせていただきました。大学病院で診断を受けたため、診察待ち時間が数時間に及ぶこともあり、患者本人も会社役員で忙しく、再び精密な質問の時間を確保するのも困難なため、ここでの質問を利用させていただきます。実際の資料を見なければ解答できない場合は、一般的な見解で構いませんので、ご教授お願いします。

質問の概要
  母が緑内障の条件を満たしているという診断をされました。原発閉塞隅角緑内障であり、左目は、後房は虹彩で閉じておらず、隅角が完全に閉じている状態です。視神経も炎症しているのが確認されています。眼圧は点眼なしで最高時35mmHgです。
  右目は、隅角が狭くなってきており、後房は虹彩で閉じておりません。しかし、両目とも症状は何もない状態で、目まいなし、眼痛なし、頭痛なし、暗点なしです。
  原因は本人のもともとの隅角、前房の狭さ、加齢(老眼)、白内障による水晶体の厚さの増加に起因するものです。白内障のほうは検査で水晶体内部に濁りが確認できる状態であるものの、見にくいという症状は一切ありません。
  治療は両目とも白内障手術です。上記をもとに質問させていただきます。

質問1 老眼や白内障になるとどのような場合でも、水晶体が虹彩を押して、隅角を狭めるのか        
 本件のような、閉塞性緑内障は、虹彩が押され、隅角が閉まることによって起こります。本件では老眼や白内障によって厚くなった水晶体により、押されて、それが起こっているとされています。
 ここで、虹彩を水晶体で押すということを一般人的な視点でとらえると、押される虹彩に押す水晶体がくっつく形で押すことを想定します。おしくらまんじゅうのような状態です。一方で、患者の水晶体と虹彩の間、後房の部分は十分に空いていて、くっついていません。つまり、水晶体が押すべき虹彩についていないようにも見えます。このような状況でも、水晶体は内部の組織のつながりによって、虹彩を押すことができるのでしょうか。また、白内障や老眼になって、水晶体が厚みを負った場合には、多かれ少なかれ必ず、虹彩を押していくのでしょうか。
 この点が明らかになると、根本が白内障、加齢とそれによる水晶体の厚みであると確信することができ、治療に対する、迷いがなくなると思い質問しています。

質問2 白内障の手術をしなければ、ずっと隅角を押し続けるのか
 白内障で押されているという前提をとったうえで質問をさせていただきます。隅角部分の開放の手段として、隅角部分をレーザーで切開、ないし手術で切開するというものがあります。一方、老眼や白内障で、虹彩が押されて隅角が閉まっており、水晶体は放っておけばより厚くなっていき、一層押すことも考えられます。したがって、隅角を切っても、結局、また押されることになり問題の解決にはならないということが考えられます。この解釈はあっていますでしょうか。
 患者は、現在遠視とはいえ、目が非常によく見えており、白内障手術に多少の抵抗感があります。やらざるを得ないということが確証できれば、その問題も解決できると思い、この質問をしております。

質問3 右目の手術の必要性
 確かに、右目の隅角は閉まりつつあり、水晶体に多少の白濁が確認され、厚みがあり、緑内障に近づきつつあるようです。ただし、視力視界に一切の問題はありません。ここで早急に手術をするというのは次のようなことを懸念してのことでよろしいでしょうか。
今もすでに隅角は閉まってきている。老眼、白内障で虹彩は押されており、加齢、白内障が進行すればより、押す強さが上がる可能性もある。そうであるとすると、いつ隅角が閉まるか予測ができない。やがて、気が付いたら緑内障の条件が完成し、何らかの症状が出る。一方で、緑内障はいったん出た症状は、回復不能。よって、取り返しのつかい状況になる前に、早期に手を打つ。
 本人としては目の状況が良好なだけに多少の疑問もあるようで質問させていただきました。

質問1
加齢によって、どのような方でも水晶体が大きくなり、虹彩を持ち上げるような形で隅角が狭くなっていきます。
虹彩と水晶体は癒着していませんが、虹彩が押されることで隅角という眼の中の水の流れ口が狭くなることが問題です。
そのため、今回の場合でも白内障手術が治療の第一選択と思います。

質問2
ご指摘のようにレーザー治療は急性緑内障発作を予防できても、慢性的な隅角閉塞を予防することは困難ですので、水晶体が押せば徐々に隅角が狭くなっていきます。

質問3
そのとおりで、隅角がいよいよ狭くなって急に眼圧が上がる発作が起きた場合、吐き気、眼痛などひどい状態になります。また手術もその段階で行うことは非常にリスクも高くなります。放置すれば数日で失明することもあるよう状態になりかねません。このため今の段階に手を打ちましょうということです。遠視ですし、白内障手術でよく見えるようになりますので、私も積極的に白内障手術をおすすめします。
 

名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院 中京眼科 小島隆司

2019年12月20日

飛蚊症の疑いで眼底検査を進められています。頻脈の心臓神社症…

30代 女性

飛蚊症の疑いで眼底検査を進められています。頻脈の心臓神社症でアルセノールを朝のみ1錠内服しています。循環器検査しても異常なしです。瞳孔を開く点眼薬をすると頻脈になると点眼薬説明書に書いてありましが、頻脈になりますか?こわくて、なかなか眼底検査できません。

そうですね。稀に交感神経を刺激して頻脈を起こすことがあるので、もし心配でしたら瞳を開かずかなり眼底の隅までカメラで写真を撮ることが出来る検査(オプトス)があります。
おおきな眼科では導入されていることが多いので、一度相談されてもいいと思います。
名古屋アイクリニック 中京眼科 小島隆司
 

2019年12月19日

3ヶ月前に網膜剥離と白内障同時に手術しましたが、視野が一部…

50代 男性

3ヶ月前に網膜剥離と白内障同時に手術しましたが、視野が一部欠損のままです。
このまま見えないままなのでしょうか?
術後の経過もあまりよくありません。
視力は術前はかなり低いです。
このまま様子みていていいのか悩んでいます。
転院した方がいいでしょうか?

最初のご質問に対して返事を書きましたので、そちらを参考になさってください。
名古屋アイクリニック 中京眼科 小島隆司
 

2019年12月19日

32才の息子がICLの手術を受けようとしています。しかし、右目の…

30代 男性

32才の息子がICLの手術を受けようとしています。しかし、右目の角膜内皮細胞数が1300〜1600くらいで適用外です。でも医者は本人が希望すれば手術するらしいです。この細胞数では将来を考えると危険だと思います。息子はあまり聞く耳持たずでとても心配です。

通常ICL手術の角膜内皮細胞の減少率は手術の時のみで5%未満ですので、ICL手術を受けたからすぐに何か問題が起こるわけでは無いと思います。ただ、何か術中に合併症が起こるような場合は危険性を伴うと思います。
基本的に健康な眼に行う手術であるため、私も内皮細胞密度が2000以下の場合は適応外としています。

また気になるのは、なぜ現在そこまで角膜内皮細胞密度が減少しているのかという点です。
現在のコンタクトレンズでそこまで減少することは稀ですし、もともと角膜内皮細胞に影響する病気が隠れている可能性もあります。そうなるとICL手術を受ける、受けないにかかわらず、内皮細胞がさらに減る可能性があります。
主治医の先生とよく相談して、決めてください。

名古屋アイクリニック 中京眼科 小島隆司

2019年12月17日

私は4年前から重度の生理的飛蚊症(硝子体混濁)に悩まされてお…

20代 男性

私は4年前から重度の生理的飛蚊症(硝子体混濁)に悩まされております。頭痛、眼精疲労など、日常生活に支障が出ていて、本当に困っています。
飛蚊症レーザー治療をしようとしましたが、医者から飛蚊が確認できず、残念ながら適応外となりました。
となりますと、手元に残った方法として硝子体手術を受けようと思います。レーザー治療に比べ、リスクが大きいのはわかっています。
お忙しいとはございますが、ご返答しただけたら幸いでございます。よろしくお願いします。

飛蚊症の程度が強く日常生活にもそれが影響を及ぼしているようであれば、硝子体手術も選択肢になると思います。
ただ、硝子体手術は白内障の発症を早めることがあるので、10年後などに白内障になる可能性も受け入れて選択するべきです。
ただ今回の話で気になるのは、眼精疲労や頭痛は一般的に飛蚊症で起こることは少ない症状です。
このため、本当に飛蚊症が原因でそういった症状が起きているのか、十分に検証してから治療を行った方がいいのでは無いかと思います。また、若い方の場合は硝子体手術をすると炎症などで硝子体混濁が生じて、また別の飛蚊症が生じることもあります。最初よりひどくなって、治療を受けなければよかったということにもなる可能性もありますので、主治医の先生とよく相談して決めるようにしましょう。
名古屋アイクリニック 中京眼科 小島隆司
 

2019年12月17日

3歳の子供が霰粒腫になり3ヶ月がたちます。眼科を2件受診して、…

10代未満 女性

3歳の子供が霰粒腫になり3ヶ月がたちます。眼科を2件受診して、それぞ違う目薬を処方されました。どの目薬が効果があるかわからず困っています。1件目ではムルキナとオフロキシンを処方され、2件目はフルメトロンを処方されました。
どれが一番効果があるのでしょうか?
また今日は1件目で処方された目薬して、明日は2件目で処方された目薬といった風に1日ごとに入れ替えても大丈夫ですか?
またやっぱり治るまでには数ヶ月から1年ぐらいかかるものでしょうか?
ホットアイマスクも試してみようとおもうのですが、有効でしょうか?

基本的に霰粒腫の炎症が治まっている状態であれば、特に経過観察で様子を見るというのが私のスタンスで、抗生剤やステロイドの効果は限定的と思います。赤くなって腫れて痛い状態であれば、治療が必要と思いますが。
ホットアイマスクは霰粒腫の予防に有効であっても、出来たものに対しては効果ははっきりしていないと思います。
名古屋アイクリニック 中京眼科 小島隆司
 

2019年12月15日

宜しくお願いします。 判断に迷い相談しました。 5年くらい…

40代 男性

宜しくお願いします。
判断に迷い相談しました。

5年くらい前から初期の緑内障と診断され目薬による治療を続けてきました。その間に2度ほど眼圧が上がった事もありましので私自身も緑内障による物だと思い通院していました。

ところが先日、たまたま別の眼科で検査をしてもらったところ緑内障ではないですよ、目薬はやめてくださいと言われました。
質問ですか、医者は何を基準として緑内障かどうか判断するのでしょうか?本当に目薬しなくて良いなら通院はやめようと思っています。宜しくお願いします。

今まで緑内障と思って治療してきたのに、急に緑内障で無いと言われて、かなり動揺されたことかと思います。
従来は視野検査で異常を調べていましたが、最近は医療器機の進歩で、視野に異常が無い非常に早期の緑内障も診断が可能になってきています。このため、どのような検査器機を使用したかでも診断が異なってくる可能性があります
今回のケースが実際はどうかは診察しないと分かりませんが、緑内障の早期診断にはOCTでの網膜の神経線維の厚みを調べることが有用です。眼圧は日本人では正常眼圧緑内障が多いため、正常であっても緑内障は否定できません。
名古屋アイクリニック 中京眼科 小島隆司
 

2019年12月14日

網膜剥離の手術後三ヶ月けいかしましたが、右上半分視野が、欠…

50代 男性

網膜剥離の手術後三ヶ月けいかしましたが、右上半分視野が、欠けており、回復していません。
この後見えるようになるでしょうか?

網膜剥離で、剥がれた部分の網膜は機能障害が残ることがあります。
術後半年程度までは改善する事があるので、網膜がしっかりしているようであれば、このまま様子を見るしか無いと思います。
名古屋アイクリニック 中京眼科 小島隆司
 

2019年12月13日

10年位前に両目ともレーシックを受けました。 2年位前にバドミ…

40代 女性

10年位前に両目ともレーシックを受けました。
2年位前にバドミントンのスマッシュが目に当たり見えずらくなり、レーシックを受けた医院に診てもらいましたら、白内障と言われ、もっと視力が悪くなってから手術した方が良いと言われました
現在、視力は1.2と0.4です。
このまま極端な視力の差を持ちながら目薬もせず、何もせずにいても良いものなのでしょうか?
もしも手術を受けるとしたら、レーシックをした医院と普通の眼科とどちらで受けた方が良いのでしょうか?不安です。

いろいろ医院によって特色がありますので、どちらかと一概には言えませんが、レーシック後の症例の経験が多い医院がベターと思います。
一般的にレーシック後眼は眼内レンズ度数の誤差が生じやすい(術後の狙った度数からずれやすい)ので、レーシック後の方専用の計算式で度数を合わせていきます。その他の手術は一般の白内障と大きくは変わりませんが、角膜を削っているため手術によって乱視が生じやすいのでできるだけ小さい切開から手術をする必要があります。
名古屋アイクリニック 中京眼科 小島隆司
 

2019年12月11日

Lasikの手術をしなければ目が見えなくて困っています。 しかし…

40代 女性

Lasikの手術をしなければ目が見えなくて困っています。
しかし、保険対象外で片目は20万円以上かかるようです。
安くなる方法、毎月少しずつ支払う方法の腕の良い病院は
ありませんか?   

近視が強すぎる場合は、LASIKなどのレーザー角膜屈折矯正手術は不向きな場合もあります。
健康な眼に対して行う治療ですので、安全第一に考えて治療方法を選択することが重要です。
申し訳ありませんが、こちらの相談室では特定の医院の紹介は行っていません。
安心レーシックネットワークはレーシックを安全に普及していこうという眼科医の集まりですので、参考にしてください。
http://safety-lasik.gr.jp/
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司

2019年12月10日

数日前に名古屋アイクリニックで角膜移植の縫合糸を抜糸してい…

20代 男性

数日前に名古屋アイクリニックで角膜移植の縫合糸を抜糸していただいたのですが、職業柄目の疲れがあり疲れ目に効果のある市販の点眼薬の使用を考えているのですが、角膜移植の縫合糸の抜糸後、基本的にどれくらいの期間が経過すれば市販の点眼薬が使用可能になりますでしょうか。角膜移植自体は執刀していただいてから約1年半は経過していますが、やはりしばらくは市販の点眼薬は控えた方が良いのでしょうか。レボフロキサシン1.5とオドメール0.1とヒアルロン酸ナトリウム0.1は処方されています。

市販の点眼薬は抜糸して1ヶ月も経過すれば使用は可能と思います。
次回の診察時にまたご確認ください。

名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司

2019年12月10日

主人の事ですが、網膜色素変性症で、かつ今は白内障の症状が出…

50代 男性

主人の事ですが、網膜色素変性症で、かつ今は白内障の症状が出ているようですが、白内障の症状を少しでも抑えるお薬などは、まだないでしょうか?

白内障の進行予防の点眼薬は初期皮質白内障というタイプには進行を少し抑える効果があると思います。ただ、それでも進行してしまう場合があり、そうなったら手術治療が必要になります。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司
 

ページの先頭へ