眼科相談室では、みなさんから寄せられた目に関するお悩みと眼科専門医の回答をQ&A方式で紹介。

眼科相談室
目のお悩みに役立つQ&A

多数のみなさんから寄せられた、目に関するお悩みと専門医がアドバイスした内容をご覧いただけます。
また、専門医に相談したい方は、相談受付フォームから
お気軽にお問い合わせください。

眼科相談室
メイン担当医
小島 隆司医師

個人 公式HPはこちらから小島医師の公式HP

日本眼科学会認定眼科専門医、指導医、医学博士。
1998年名古屋大学医学部卒業後、ハーバード大学及びイリノイ大学留学を経て慶應義塾大学医学部博士課程修了。名古屋アイクリニックなどでの診察・手術や慶應義塾大学眼科特任准教授を務める。その他、雑誌監修やTVなど、多数のメディアで目の悩みについて回答している。

Q&A検索

疾患名、症状、キーワードからの検索が可能です。
  • 【検索結果】2179件中 1 - 12件

眼科相談室に掲載された全ての内容の著作権は株式会社中京メディカルにあります。

2018年12月14日

5年位前から蚕食性角膜潰瘍を患っています。白目の血管が潰瘍…

40代 女性

5年位前から蚕食性角膜潰瘍を患っています。白目の血管が潰瘍のできる黒目の方に太く濃く走り黒目の端に点や楕円の潰瘍ができます。場所は左右決まってなく、場所も色々ですが特に右目上がよくできます。痛みは強かったりなかったり様々です。
治療はフルメトロン0.1%、ガチフロ0.3%を使用しています。潰瘍ができると目薬で治し、治るとやめるを繰り返しています。4日位で治ります。
気になり点は、この治療で大丈夫でしょうか?フルメトロンの原則禁忌で角膜潰瘍が載っているのも気になります。あと、右目上部分はしが白く濁っています。主治医に聞いてみると年齢的なこともあると言われました。(私48歳です)視力は両目1.5あります。
回答よろしくお願いします。

基本的に蚕食性角膜潰瘍は自己免疫性の病気、すなわち体の免疫系の反応異常によって角膜の周辺部が溶けてしまう病気です。基本はステロイドの点眼、免疫抑制薬の点眼です。今回使用されているフルメトロンはステロイドの点眼薬です。これをいつ、どの程度まで必要かは患者さんの病気の状態によって大きく異なります。すなわち、完全に止めることが出来る患者さんもありますが、止めると再発を繰り返すため止めることが出来ない患者さんもあります。フルメトロンの禁忌の角膜潰瘍は、感染によるものの場合で今回のような場合は禁忌とはならず、むしろ必要な点眼薬といえます。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司

2018年12月13日

右目で建物など垂直なものを見ると少し右に傾いて見えます。眼…

50代 男性

右目で建物など垂直なものを見ると少し右に傾いて見えます。眼科で受けるOCT検査の赤い十字の線も右目では傾いて見えますし、右目でファインダーを覗いて写真を撮ると、左下がりに傾いてしまいます。
右目は白内障の手術を受けていて、少し斜視があります。眼内レンズが傾いてそう見えるのでしょうか?それとも斜視が原因なのでしょうか?ご教示いただければ幸いです。

眼内レンズの傾きでこのような症状が起こることは通常ありません。おそらく斜視が原因ではないかと思います。
両眼で見たときに問題無いようでしたらいいですが、ダブって見えるようであれば、斜視を矯正した方がいいと思いますので、眼科で相談してみてください。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司
 

2018年12月13日

生後1ヶ月の赤ちゃんがいます。 上着のファスナーのギザギザ…

20代 女性

生後1ヶ月の赤ちゃんがいます。
上着のファスナーのギザギザとしている部分が目に入ったかもしれません。
明らかな充血はありませんが受診した方が良いでしょうか?
傷がついていたら、充血等症状はありますか?

通常は傷がついていれば、眼を擦るような仕草や充血、涙などの症状があると思います。それが無いようであればそれほど深刻な状況ではないと思います。最終的にはお話しだけからは分かりませんので、心配であれば受診して確認してもらってください。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司
 

2018年12月12日

緑内障の目薬でタプロスがありますが、タプロスの使用を1ヶ月…

50代 女性

緑内障の目薬でタプロスがありますが、タプロスの使用を1ヶ月詳しくは40日使用してしまいました。何か害がありますか?

特に何も症状が無ければ、害(副作用)は出ていないと思います。
基本的に点眼薬は、内服薬と同じように患者さんによっては副作用が起こることがあります。
何か変わった症状があるようでしたら、処方してもらった先生に伝えられた方がいいと思います。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司

 

2018年12月10日

この前質問させていただいたものです。度々すみません。 具体…

20代 女性

この前質問させていただいたものです。度々すみません。
具体的な結膜母斑と強膜母斑?の違いはないんでしょうか?
自分では見分けられないんでしょうか?…

どちらも同じような茶色であった場合は、肉眼ではなかなか見分けることは難しいことが多いです。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司
 

2018年12月9日

今度病院で結膜母斑の治療を受けようと思っています。取れない…

20代 女性

今度病院で結膜母斑の治療を受けようと思っています。取れない場合もあると聞いたのですがそれはどういう場合ですか?私の結膜母斑は茶色っぽいんですがこういう母斑は治療でどうにかなるんでしょうか?

結膜母斑であれば、レーザー治療、切除手術ともに可能だと思います。取れない場合は、結膜ではなく、その下側の強膜にあるような場合です。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司
 

2018年12月8日

こんにちは。私は一年くらい前から白目にほくろのような点が2…

20代 女性

こんにちは。私は一年くらい前から白目にほくろのような点が2つできました。コンタクトをしていることもあるのか、白目には血管もあり、濁っているように見えます。白目の点はおそらく結膜母斑というものなのだろうと思うのですが、レーザー手術は安全なのでしょうか?リスクや後遺症など、調べてもあまりヒットしなかったため、気になりました。また、白目を綺麗にするにはどうしたらいいのでしょうか?

レーザー手術は保険適応が無いため、あまり多くの施設では行っていません。
ただ、手術の方法は安全で、眼科の一流紙にも安全性を示した報告がでております。
メリットは、ほとんど傷跡が無く、充血もなく翌日から日常生活を送れる点です。デメリットは費用の点です。
あと、高齢者の場合、稀に腫瘍の可能性もあるので、その場合は切除手術を選択肢、取れた組織を病理検査に出した方がいいと思います。我々のところでは、このようなことをお話しした後、どちらの手術方法を選択するか患者さんと相談して決めています。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司
 

2018年12月8日

現在54歳、左目、失明、右眼、矯正視力0.5です。右眼について、…

50代 男性

現在54歳、左目、失明、右眼、矯正視力0.5です。右眼について、数回の緑内障手術、全層角膜移植、白内障手術を経験しています。最近、眼圧が再上昇してきて24mmHgあります。視野に関しては左上に感度の弱い部分があるものの、欠損の進行はみられていません。

繊維柱状帯切開術をすすめられているのですが、角膜内皮細胞が400-500mm^2と減少しているため、手術の結果、角膜混濁が惹起される可能性を指摘されています。

そこで、この症例で、柱状帯切開術をするべきかのセカンドオピニオンを伺いたく存じます。

現時点で視力が維持てきていて、視野欠損が進行していないことを鑑みると、手術を受けると、「眼圧は下がったが見えなくなった」という結果を生みかねないように思い、本末転倒ではないかと考えます。したがって、「active surveillance」の選択がありうるのではないかと考えています。

何卒よろしくお願いいたします。

現在の問題を考える際には、いくつかの点を整理しないといけないと思います。
現在の角膜内皮細胞密度がこれまでどのように推移してきたか分かりませんが、減少スピードが速い場合は近いうちに水疱性角膜症になって角膜移植をもう一度やり直さないといけない状態になる可能性があります。
次に、緑内障が現在どの程度の状態なのかという点です。すなわち末期ですぐにでも下げた方がいい状態なのか、まだしばらく様子を見ることが出来る状態かという点です。
お話しからすると、視野に関しては感度が弱い部分が少しある程度のようですので、緑内障に関しては少し様子を見ることが出来るかもしれません。ただ、角膜が悪くなって角膜移植を再度行うと、眼圧の状態も悪くなることが多く、近いうちに移植が必要であれば予め眼圧を下げておいたほうがいいという側面もあります。
今回の場合、絶対こうした方がいいという結論は難しいと思います。特に唯一見えている眼なので、手術に踏み切るのが心配な点も理解できます。
私の場合は、この辺りのお話しをして最終的には患者さんの決断を優先したいと考えています。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司




 

2018年12月7日

子供の頃から風邪をひくと、必ず水鼻と一緒に大量の涙が出て一…

20代 女性

子供の頃から風邪をひくと、必ず水鼻と一緒に大量の涙が出て一日中止まらなくなります。水鼻が沢山出ている片方の鼻側の目から涙が溢れます。
1,2日経つと、水鼻が粘着質のある普通の鼻水になり、涙も止まるのですが、これは目と鼻をつなぐ管が詰まっているのでしょうか?
普段はそういうことはあまりなく、鼻水は鼻水、涙は涙として出ている感じです。
風邪をひいた初期は常に涙と水鼻が出る状態なので仕事にも支障が出ます。治療法や改善策があると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

解剖学的に言って眼の中の涙は鼻に流れていきます。
鼻の粘膜が腫れたりすると、涙の流れが滞りやすく、涙が流れず溢れることはよくある話です。
改善策は、内服薬などで鼻の粘膜浮腫を軽減させることが大事で、鼻の症状を改善することで眼の状態も改善すると思います。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司
 

2018年12月7日

緑内障があった場合は、多焦点レンズを、つけられないんですか…

60代 女性

緑内障があった場合は、多焦点レンズを、つけられないんですか?将来的に、どうゆうでめりっとが考えられますか?

多焦点眼内レンズは、どうしてもレンズの機能上光のロスがあるため、コントラスト感度が落ちます。
(薄暗いところなどでの見え方が若干落ちます)
このため緑内障があり、網膜の感度が低下していると、この影響が大きく出てしまい、通常の明るいところ等でも視力が出づらくなることがあり、基本的にはお勧めしません。
ただし、初期の緑内障でまだ視野変化もなく、数年安定しているような状態であれば、手術も可能だと思います。このあたりは、実際に眼の状態、検査値から判断するところです。
主治医の先生とよく相談されることをお勧めします。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司
 

2018年12月7日

円錐角膜と診断をうけました。現在36歳ですが今まで近視用ソフ…

30代 女性

円錐角膜と診断をうけました。現在36歳ですが今まで近視用ソフトコンタクトで問題なく生活できていました。半年程前から時々片目が痛くなったりすることが多く、また二重にみえたりするので眼科にいくと、初めて円錐角膜と診断されました。乱視がマイナス5で通常のコンタクトでは矯正できず、専用のハードコンタクトをつくるよう言われました。まず、円錐角膜の重度〜軽度という記載を見るのですが何で判断されるのでしょうか。また、専用コンタクトをつけると進行防止になるそうですが改善はしませんか?軽度のまま進行しない方もいるのでしょうか。今現在は片目だけで、もう片方はメガネで矯正できるのですが、こちらもいずれ進行していくのでしょうか。円錐角膜がひどい方は見た感じではわからないのですが、まばたきをするとゴロゴロした感じがあります。これはどうしようもないですか?また3ヶ月ごとに定期健診をするよういわれました。健診で悪化していても治療方法は無いのですか?

今回、早い時期で診断され良かったと思います。私は全国の学会で円錐角膜の教育講演をさせて頂き、そのたびに伝えているんですが、基本的にコンタクトレンズは視力矯正の手段で進行予防にはなりません。
世界では進行性円錐角膜が発見されれば角膜クロスリンキングを行うというのが標準治療になっていますが、現状まだ日本では自費診療の範囲内でまだそれほど普及していないのが現状で残念です。
このため、お勧めの治療はまず角膜を硬くしてこれ以上変形しないようにする角膜クロスリンキング治療が第一で、その後に必要性があればハードコンタクトレンズ(円錐角膜用など)を合わせるのがいいと思います。
円錐角膜の重症度判定は、一般的には角膜のカーブの数値によって分類します。
進行に関しては人それぞれで、軽症の場合で殆ど変わらない方もあります。今回は半年前から症状も出現しており、進行性円錐角膜の範疇に入ると思います。(一般的には2年の範囲で進行がある場合をそのように判定します)
円錐角膜の反対眼は正常に見えても、角膜の硬さなどを調べる特殊な検査をすると正常以下になっていることが分かっています。このため、片眼も時期が異なっても同じような状態になる可能性がありますので、定期的な検査は欠かせません。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司
 

2018年12月7日

3週間ほど前に左目の目頭よりの霰粒腫摘出手術をしました。その…

10代 女性

3週間ほど前に左目の目頭よりの霰粒腫摘出手術をしました。その後3日4日で術後の腫れも引きましたが、その後すぐに同じ左目次は目尻側にしこりが出来ました。担当医は次は取る程じゃないねと点眼で様子見と診断されましたが、すごく気になります。確かに前回ほど見た目の変化はありませんが触ってみると確実にしこりもあり、少しだけ赤くなっているのでそれに合わせて毎日ピンクめのアイメイクをしています。色んなアイメイクをしたいのにこうゆう事も嫌で余計に気になります。ですが取る程じゃないねと言われてしまったのでセカンドオピニオン相談として今回相談させていただきました。

霰粒腫は基本的に自然に小さくなって無くなる傾向が強い病気ですので、小さい場合は切らずに様子を見ることも多いです。また小さい場合は、瞼の裏から切開するときに殆ど場所が分からなくなるので、摘出をするのが難しいという面もあります。
名古屋アイクリニック 岐阜赤十字病院眼科 小島隆司
 

ページの先頭へ